へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 春先の亀田川

<<   作成日時 : 2010/02/25 23:53   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

駅前から市電で昭和橋までやって来ました。

まともに歩いてたら、今日見て歩きたかったところは行くどころか…。
今頃、完全にグロッキーでブログどころではなかったか?と思います

昭和橋から亀田川沿いを遡って歩く事にする。
川面には、カルガモ、キンクロハジロ、オオセグロカモメ、セグロカモメが直ぐ目に入る。

オオセグロカモメが多いと…。
画像

セグロカモメの薄いグレーの背中の色が良く映えますなぁ…。
これで、ワシとかシロあたりもいてくれれば、面白かったのですが…。

キンクロハジロは…。
画像

もうこりゃ…御夫妻か?
二羽仲良く
潜ってみたり…一緒に連れ立って泳いでたり…。
しかし、男の子の冠羽…立派だ

地面の方は、カワラヒワが目立っておりましたが…。
蜘蛛の子散らすように逃げられちゃいました。

ツグミが地面で餌探し…。
画像

実は、シメもいたのですが…

川の中州や川淵には…。
マガモ
画像

コガモ
画像

敢えて載せませんが、カルガモも…。
常連様ですね〜ぇ

木の方には、シジュウカラ、ハシブトガラス、ハシボソガラス…。
アカゲラもやって来る
画像

しかし、今回もミソサザイ撮り損ねました
良い所で、飛んでっちゃうんだもん…

そして、五稜郭公園へ…。
五稜郭公園を歩く前に市立図書館で一休憩…。
流石にちょっとヘバってました

五稜郭公園をある程度、見て歩きましたが…。
意外と人の出入りがあるようで、鳥見って感じにはなりませんでした。
お堀の方も凍ってましたし…。
何も撮らずに帰るのも難でしたので…。
ヒヨドリを撮っちゃいました
画像

実は、これを撮る前もっと面白い事になってたんですけどね…。

五稜郭公園から出て、帰宅の途に就く事にしました。
とりあえずバス停まで歩いて行き…。
丁度、良い具合に近所まで戻れるバスがあったので、それに乗りこむ。
もうこの時点で携帯を見ないと時間の感覚がすっかり…。
判っている事は、夕方だと言う事だけでした

バスを降りると…。
日はすっかり夕暮れ色でございました。
でも、ホンと日が長くなった。
あとは、家までトボトボ帰るだけでしたが…。
途中でノスリをお見掛けしました
可能な限り近寄りますが…。
画像

間もなく…。
画像

飛んでっちゃいました〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あら〜、近所までいらしてたんですねぇ。
この周辺、今年はイマイチらしいです。
旦那がぼやいてました。

亀田川は旦那のホームですよ〜
今度、ゴイサギがいつもいるところとか
色んなアナがあるようですよ、
わたしも知らないとこ。
(↑っていうか興味ない^^;)
今度、聞いてやってください〜
ひよこ
2010/02/26 22:01
ひよこおネェ様
御返事遅くなりました
体調がちょこっと崩れてしまったもので…。
最近、函館山から下りるとちょこちょこ歩いていたりしますよ
そう言えば、亀田川は旦那殿のホームでしたね?
実は、いないか探してみてたりして?
今度、機会があったら是非教えを請いたいものです。
何ならアタシのホームも如何でしょうか?
どてちん28号。
2010/02/27 17:45
キンクロハジロの後ろ髪がちょこっと出ているのが可愛いですね。オスの鳥は本当に綺麗ですね。
dragon pearl
2010/02/28 14:20
カモメも識別できると親近感がわきますね。でも私には難しいです。
健康法師
2010/02/28 21:14
dragon pearlさん
キンクロハジロの後髪がポイントですね?
ついつい何か結んでみたくなってしまいます。
基本的に鳥は(一部例外を除いて)雄が綺麗な仔の方が多いです。
括弧書きにした例外の中には、逆に雌の方が綺麗でカカァ天下な鳥もいるんですよ〜
どてちん28号。
2010/03/01 00:11
健康法師さん
カモメ類は、蓋を開くと…。
恐ろしいです
カモメ類だけの図鑑がありますが、これを見たら…。
難し過ぎてショック倍増です…
どてちん28号。
2010/03/01 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
春先の亀田川 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる