へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS そして…またパコダテ山(その三)

<<   作成日時 : 2010/04/24 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

函館山を二十何曲がりもある七曲コースを下り立待岬に向かう事にする。
昼をまだ摂って無かったので売店で軽く済ます事に…。
ここで少し動きが止まったので少し肌寒さを感じる。
海風も少しありましたしね…。
岬の草地では、ホオジロが採餌しながら歩いておりました。
画像

暫くこのホオジロに遊んで頂き…。
海を見る。
海を見るとオオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ以外のカモメ類は見掛ける事はありませんでした。
その他は、ウミアイサの群れ
画像

先週程ではありませんでしたが…。
数羽プカプカと浮いているだけ…。
岩場の方は、ウミウ
画像

羽を乾かしている姿が何となく映画のタ○タニックのワンシーンを思い出してしまいそうな感じです。


立待岬から住吉漁港方面へ…。
住吉漁港近くでは、コクガンが八羽おりました
画像

正直に言いますと…まだいたの?って感じですが…。
ある意味、本当の春が足踏みしていると思っていても良いのかもしれません…。
夏鳥は、来てる仔は来てるんですがね…。

コクガンと一緒にいたカルガモもついでに…。
画像

潮水飲んでいたようですが、平気なのか?
そう思いましたが、やはり…味覚が違うのかも知れません。
犬用のビーフジャーキー食べても人間様からすると薄味ですしね…。


住吉漁港から函館公園へ…実は、特に何も無く…。
函館八幡宮〜宮の森コースも特に変わり映えはしなかった。
護国神社境内で最後の握りっ屁みたいな感じでウグイスを見つけるが…。
やはり撮り損じてしまいました
で、ウグイスの代わりに撮れたのは…。
画像

キクイタダキでした
まぁ…ウグイスの仲間と言えば、確かにそうですが…。

それから、千代台に向かいそれから五稜郭近辺あたりから亀田川沿いを歩く…。
特筆して書くような事はありませんが…。
川沿いにある公園近くでマガモのつがいにお会いしました
画像

画像

カルガモも当然の事ながら一緒だったのですが、どうもここの仔達は人間が側を通っても派手に逃げるって事はしないようです。
むしろ人に慣れちゃってる感じが…。
それはさておいて、上の女子の方は何となく可愛く感じました
ホンとアヒルみたいです。
って…アヒルの御先祖様にアヒルみたいは無いか?















【中古】【古本】愛の立待岬 京都・函館殺人事件/山村 美紗【50010】
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:山村 美紗初版発刊月:1991年10月ノベルISBN:4061815881

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

【中古】【古本】函館・立待岬の女/斎藤澪【50010】
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:斎藤澪初版発刊月:1989年10月文庫小説 約15x10cmISBN:4396321546

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コクガン、まだ見られますね。今日、勇払マリーナにはコクガンがスズガモの中に混じっていました。
健康法師
2010/04/24 19:00
パコダテ山のアップダウンも含め、歩く距離が半端じゃないですね(驚)
武道有段者の足腰&精神と頷けます。
身体がもう一体あったなら弓の世界も気になるところですが‥。

私の方はその後サッパリでして。
強いて言えば(勝手に書きます:笑)先週水曜日の夕刻
ライスセンター裏手でアリスイらしい輩を見ました。
キツツキ科のイメージでいたのですが
地表に姿を見せました。
あとは今朝、今金地区の牧草地にてツグミの大群を見ました。
昨年も今頃であったと思います。
夜にはオオジシギか何かのディスプレイ・フライト
急降下音が聞こえました。
とまぁ〜そんなところです♪
ポッポ
2010/04/25 23:26
健康法師さん
コクガンは大分、数が減りましたが…。
まだ頑張ってました
流石にスズガモはお見掛けしなくなりました
寂しくなって来ました。
あれだけ嫌と言う程…。
見て来たのに…。
どてちん28号。
2010/04/26 01:45
ポッポさん
函館山の某箇所のアップダウンは…正直…キツいです
自分で歩いておいて言うのも難ですが、時々挫けそうになりますよ

で?アリスイですか?
そろそろお会いしたいです
キツツキのお仲間ですが…。
アリスイだけはどうしても違う物に見えてしまいます
オオジシギも飛んでる姿しか拝見した事が無いので今度、留まっている姿を見てみたいです。
でも、結構早起きしないとキツいみたいなんですよ…
知り合いが仰るには…。
どてちん28号。
2010/04/26 01:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして…またパコダテ山(その三) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる