へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS パコダテ山(その一)

<<   作成日時 : 2010/04/16 21:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

ここ暫く、鳥見に行けない程…。

中途半端な日常を送っておりました。

季節外れの雪なんかも降ってくれちゃったりして…。

天気にも恵まれなかったのも当然の事ながらある。

お題に『パコダテ山』と出ておりますが、いや…何の事は無い。
函館山の事です
先月の末に行くつもりでいたのですが、結局…先日行く羽目に…。
ちょっとタイミングをハズしてしまった気分です
この事に関しては、後程…。


さて、先日の我が娘殿…。
外の天気が良い割には、ちょっと肌寒く感じるのか?
母の布団の上で…。
画像

棒鱈のように寝ておりました。

ここはちょっと悪戯心を出して…。
枕元の電気スタンドを点ける事に…。
画像

はい…日焼けサロン
ウチのお嬢ちゃんは、時々電気スタンドの下で寝ている事が多い。
白熱球の暖かさが心地良いのかもしれません。


さて本題ですが、ちょっと遅い到着でありましたが、函館山には八時頃に着いて旧登山道から登山を開始しました。
どう行くか迷いましたが…。
とりあえず旧登山道⇒千畳敷コース⇒千畳敷⇒千畳敷コース⇒御殿山⇒観音コース(一部)⇒薬師山コース⇒旧登山道⇒函館公園⇒住吉漁港⇒立待岬⇒宮の森コースのパターンで歩いてその後は、電車に乗って千歳橋から亀田川沿いをちょっとだけ歩き鳥見とは関係ない所へ寄り道して帰宅って感じ…。
天気の方は、晴れてはおりましたが時折雲が濃くなったりして、雪がチラつく感じです。
しかし、決して寒い訳ではありませんでした。

函館山に入ったのは良かったのですが、なかなか鳥の姿にはぶつかりません…。
しっかりぶつかっても撮るチャンスが無い…と言った方が正確かもしれません。
初っ端から頭を抱える羽目に陥るとは思いもしませんでした。
いや…その前に気さくなおじ様との会話に追われたせいも若干…
やっと…ヤマガラを撮りましたが…。
画像

もう…とほほと言うしかありません。
既に少し腹を括った状態で鳥見を始める事に致しました。

旧登山道を登って行きますが、カラ類やゴジュウカラを視認しながらの山登り…。
これじゃつまらないので、久々にエゾシマリスを撮ってみました
画像

画像

ここでは、鳥見に困ったら…。
シマリス様を狙うしかありません。
先月の末くらいからぼちぼち冬眠から覚めていたと思われますが…。
シマリスのいる箇所が行く度に楽しみだったりします

千畳敷コースに入る。
公園管理の車両が出入りしているせいか?
鳥の出はイマイチか?と思われた。
でも、決してそんな事はありませんでした。
姿こそは見ませんでしたが、ウグイスも鳴いていたので少し期待はしても良さそうな感じでした。
シジュウカラも新居探しかどうかは解りませんが…。
画像

クソ忙しく動き回っているようでした。

シジュウカラとハシブトガラに振り回されている間にコゲラがやって来ました。
画像

こちらの方は、食い意地の方が先のようで…。
あっちこっちを突きまくりです。

千畳敷の方は軽く流して御殿山へ向かう事にする。
文頭で書き損ねましたが、先日の狙いはウグイスやムシクイ類、ルリビタキ狙いです
えぇ…情報が無くても確信犯的な鳥見でございました。
そんな折…変な飛び方をしている猛禽にお会いしました。
一羽はトビだったのですが、もう一羽の方は…こんな↓感じ
画像

一瞬、ハヤブサか?と思ったのですが、妙に頭がデカい。
で、更に撮ってみる…。
画像

写真の出来がかなり悪いのですが、妙に頭がデカいと思ったのは間違いではありませんでした。
正体はノスリ…。
ノスリがハヤブサのように急降下するところなんて初めて見ました。
単に風に乗っていただけなのかも知れませんが、紛らわしい事極まりないですね…

御殿山へ向かう道の途中でお見掛けしたホオジロ
画像

丁度、地面で何かを探している最中でした。
千畳敷あたりもぼちぼちホオジロが出て来る事が多くなって来る事でしょう。
と言いますか…ホオジロ類の地鳴きに振り回される時期もそろそろかも?

と言う事で『パコダテ山(その二)に続きます。

がその前に…先程、シマリスにあった箇所の近くでこんな花を見つけました。
画像

何て花なのでしょう?
僕、植物の方はさっぱり…のもので…
これはこれでかなり痛い話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもしっかり歩かれていますね、どのくらいの距離を歩かれるのですか。花はイチリンソウでしょうか、私もこの手は自信がありません。
健康法師
2010/04/17 19:15
シマリス、かわゆい。
わたしも会いに行ってこようかな〜
どうせもう少ししたら
いやでも行かなきゃダメになりそうだし・・・

花の名前はわたしも知りません。
女子なのに(−−;
ひよこ
2010/04/17 22:32
健康法師さん
恐らく…車で移動する時以外は…。
黙って、10キロ超になる事もあります
今回の函館山でも六時間くらい彷徨ってましたから…。
お花の方は全くでして…。
ちょっとずつ覚えようと思うのですが、どうしても動く物の方に興味が…
とりあえずイチリンソウを調べてみたいと思います。
どてちん28号。
2010/04/19 00:57
ひよこおネェ様
シマリスの時期がやって参りましたよぉ〜
函館山に登る時の楽しみの一部です。
何匹もいる時は嬉しくなります。
結構、シマリス目当てで来る方もいらっしゃるようですね?
つか…ひよこおネェ様の場合、旦那殿の鳥見のお伴ってところでしょう
どてちん28号。
2010/04/19 01:01
函館山での遭遇は偶然でしたね。熊との遭遇でなくてお互いに良かったですね。
帰路、私もルリビタキとエゾシマリスを撮ってかえりました。この日は植物狙いでしたので、レンズが短く鳥はいまいちのものでした。
白い花はキクザキイチゲです。この時期の函館山は、青いエゾエンゴサク、赤いコジマエンレイソウ、黄色のキバナノアマナなどいろいろな花が楽しめます。
バタフライ
2010/04/24 15:55
バタフライさん
あれ以来、御無沙汰しておりました
しかし、函館山で熊だったら今頃大騒ぎですね?
熊鈴付けて函館山を歩かれる方もいらっしゃいますが…。
あの日は、本当にシマリスとルリビタキが多かったです。
この時期の函館山は、結構面白いので思いっきり今季もハマりそうです。
白い花はキクザキイチゲですかぁ
疎いものが沢山あるので助かりました。
どうもありがとうございます
そう言えば、沢山…花咲いてましたね?
予備機引っ張り出して少しずつ撮ってこちらに撮りあげて見たいと思います
どてちん28号。
2010/04/26 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
パコダテ山(その一) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる