へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイサギさんですか?

<<   作成日時 : 2010/05/02 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ゴジュウカラと一時間以上遊んでもらいました。

流石にゴジュウカラばっかりにハマる訳にも行かないので、少し周辺を歩いてみる。

GWのせいか?人が入り込んでる箇所が多々…。
風が強めだと言う事以外は行楽日和でした。

さて、今季やっとウグイスを…。
画像

撮る事が出来ました
散々…振り回されましたからねぇ…。
でも、まだまだこれからですな…

で、とっても残念な…。
画像

センダイムシクイです
思いっきり真下からです
コレがセンダイムシクイだと言うショットが撮れないまま時間が刻々と…。

シジュウカラも…。
画像

後頭部を見せたままなかなかこちらを向いてくれませんでした。
まっ…こちらは会う気になれば…なので…

一応、湖面の方も見ました。
湖面の方は少し波が立っておりました。
カモ類を見るのはちょっと難しかったかも?
遠くにはカワアイサが…。
画像

しかしながら、少し湖面が暖められたせいでしょうか?
少し澱んで見えてしまっております…。
因みにその他は、カルガモ、マガモ、カイツブリって感じでした。

白鳥セバットにも寄ってみましたがイマイチ…。
その近くにある沼にはアオサギとダイサギがおりました。
まずはダイサギから…。
画像

画像

上の方は、まだ冬羽と見て良いと思うのですが…。
下の方は、夏羽になるところだと思います。
チュウサギかな?と疑ってみたりもしたのですが…。
口角がチュウサギと比べると目元過ぎまで深く切り込んだ感じなので、ダイサギと同定した訳だったりします。
と言ってもかなり微妙な同定のパターンです。
首の太さや長さで比べるのも場合によってはかなり微妙ですしね…

で、一緒におりましたアオサギ
画像

なんだか…ダイサギとアオサギは、セットでいる事が多いような気がします。
同じサギの仲間なので、食生活はあんまり変わりが無いんでしょうけど…。
決して仲良くって訳でも無さそうです。

ここから、大沼からズラかる事にしました。
と言っても素直に帰宅の途に就いた訳ではなく…。
少し湖畔をぐるりと回り前回、コハクチョウに会ったところへ…。
車を走らせて探していると…。
しっかりおりました
画像

画像

一羽だけぽつんと…。
やはり置いて行かれちゃったのでしょうか?
ちゃんと帰れるなら、先程のマガン達とお帰りになって頂きたいものですが…。
因みにこちらも少々遠間でありましたが、地面に伏せて撮りました。

そして、大沼側から城岱の牧場へ…。
ノビタキ狙いで行ったのですが…。
ノビタキにはフラれっ放しでした
撮る段になると側を車やバイクが通り抜け…。
そんなパターンが何度も続いて、全くでございました。

で、そんなパターンで白け切っている所で随分聞き慣れた声がしました。
そちらを見るとベニマシコでした
画像

画像

毎回見ているパターンが違うせいか?
有刺鉄線がこんなに似合わない鳥もなかなかいないかも知れません…。
やはりベニマシコは、何らかの植物の藪際の方がお似合いか?と…。

ほぼヤケクソです…。
画像

ヒバリなんですけどね…。
今季の初撮りがこうなるとは、思ってましたが…。
せめて地面にいるところをなんとか撮りたかったです。

そして、アオジ
画像

声はすれどもなかなか撮れないパターンが続いております。
少しでもお近付きになれる日はもう少しだとは思いますが…。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コハクチョウもマガンも1羽、2羽では寂しいというより気の毒に見えてしまいます。人の感情だけでしょうか。
健康法師
2010/05/03 20:04
健康法師さん
もっと早い時期であれば、群れって形で見られた筈なのですが…。
こんな時期に1羽、2羽だとちょっと複雑な気分です。
本当に置いて行かれたなら気の毒としか言い様無いですね?
どてちん28号。
2010/05/03 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダイサギさんですか? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる