へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏臥上体反らし(笑)

<<   作成日時 : 2011/01/11 00:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

コクガンを堪能した後、立待岬へと足を進める。
そんな僕をあざ笑うかのようにすれ違い様にイソヒヨドリが反対方向へ飛んで行く…。
く・くそう〜
次来た時は、見つけ出して撮ってやるぅぅぅう

石川啄木一族のお墓を通り過ぎた辺りでいきなりカラ類とエナガの群れに当たる
しかしながら、この日の僕にとっては、急な登場過ぎて慌てふためく状況に陥る。
画像

見事…枝被りなハシブトガラ
立待岬のあずまやでスノーシューを履くまで、ヒガラ、エナガに延々と翻弄される。

翻弄の御褒美
画像

散々…待ちに徹してようやらやっとでした。
呆気無く見守るだけになるかと思えば、ネ申はいるもんですなぁ
神と言えば…信用できるのティッシュペーパーくらいだと思ってましたが…(←いや…それは『紙』)
とにもかくにもこんな可愛い御褒美なら何時でも歓迎です


立待岬から函館山登山口方面に歩く人はほぼ皆無のようだ。
恐らくそんな奇特な事をしているのは、ひょっとすると僕くらいなもんで…。
あとは近隣住民が犬の散歩をさせているか?ってなくらいで足跡がほとんど見えない…。
人が(まともに)歩いた形跡が見えるのは、七曲コースに入る辺りからだったりする
さて、そろそろ体育の時間でございます
もちろん模範演技はこちら↓の方です。
画像

ゴジュウカラ

実を捕った時のしてどや顔ったら…。
画像

厳つくて素敵です〜

ってなワケでこのゴジュウカラ段々…。
上へ反れて行きます
先ずはスタンダードな反り
画像

更に反り…。
画像

そして…また更に反り。
画像

で、『止〜めた
画像

ま・まぁ…撮った角度なのかも知れませんが、凄い反り具合でした。
これが、僕だったら骨がへし折れてるかも?
若き頃なら負けて無いだろうけど…


で、函館八幡宮で軽く独り寂しい初詣を済ませて函館公園に入りました。
函館公園のヤクシカさんでございます。
画像

優しい目をしておりますなぁ…
相変わらず…。
なんて鹿にハマッて要る場合ではない…。

函館公園では、マヒワ狙いのつもりでした。
残念ながらマヒワには会えませんでしたが、カラ類はほぼ入れ食い状態…。
コゲラも余裕のよっちゃんだったりする。
画像

何気に上から覗き込まれるように視線を浴びたのは気のせいでしょうか?
なんて思ってたら…。
画像

別にいた一羽は、幹に留まったまんま…固まってるし…

公園内を蹂躙しまくり…。
画像

流石函館市の鳥です。
あっちこっちで猛威(?)を奮っておりました。
何を撮ろうとしても必ず目の前にはヤマガラがいる状態でありました。

この日の一番の強敵
画像

実は、ヒガラだったりする。
何度かファインダーに入れたりするものの…。
ピントが合う前にさっさと枝から枝へ飛び移る。
この一枚を撮る為に何度、お尻を撮らされた事か…?


この後、公園を出て護国神社に行ってみるが…。
ってな事で、『またお世話になりました。』に続く…。



函館・立待岬の女【中古】afb
ブックセンターいとう
商品区分セルJANコード9784396321543タイトル函館・立待岬の女タイトルカナハコダテタチマ

楽天市場 by 函館・立待岬の女【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古本】 愛の立待岬?京都・函館殺人事件 (講談社ノベルス)
伊藤書房ネット事業部
カテゴリ新書著者山村美紗出版社講談社ISBN-104061815881ISBN-1397840618

楽天市場 by 【中古本】 愛の立待岬?京都・函館殺人事件 (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もう体が硬いったらありゃしないです。
最初の反りでギブアップですよ。
エナガの愛らしいショットはホカロンよりも
効きますね。
ポッポ
2011/01/14 03:35
ポッポさん
若い頃は…大丈夫だったんですけど、僕も今では全くです
歳には勝てないお年頃になって来ました。
気持ちはまだまだお兄さんのつもりですけどね
立待岬でのエナガには救われた気分です
少し粘った甲斐はありました
どてちん28号。
2011/01/15 04:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏臥上体反らし(笑) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる