へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄色い軍団(その一)

<<   作成日時 : 2011/02/28 19:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

先週の土曜日(2月26日)も道場当番でした。

流石に土曜日三週連続で、潰れるのはちと困りもんです

さて、例によって…。
我が家のお嬢様
画像

母の布団のド真ん中で、まったりとくつろいでおります。
何時まで経ってもお布団上げられないんですが…

お向かいのお坊ちゃんは…。
画像

すっかり窓辺が特等席となっております。
まぁ…天気も良い訳だし、お向かいの奥様がお戻りになるのも見えますしね…


この日、道場に行く道筋をどうするか?正直言うと迷ったのでありますが…
野暮用を母から言い渡されたので、普段とあんまり変わらんほぼベタな道筋(川沿いを下る)と相成りました。
とりあえず先に石川沿い及び中野川沿いを歩きました。
この日の石川沿いは静かなもんで、鳥の声すら聞こえて来ませんでした。
中野川沿いに入ってから、やっとベニマシコの声が…って感じでありました。
画像

さていきなりですが、ベニマシコを探せであります
ベニマシコを見つけたまでは良かったのですが、あっちこっちと忙しく動き回るので撮るのに苦慮する始末…。
どうしても見つからない方の為に…こちら↓をご用意しましたです
画像

もう少しマシな方向に回り込みたかったのですが…。
そうなる前に勘付かれてしまいましたです
しかも病院の壁がバックになっているのも…ちと微妙です

その病院近く…。
マガモのペアが丁度お昼寝中でありましたが…。
画像

画像

ちょっとお邪魔だったようであります。

コガモの方も大方は寝ている方が多かったのですが…。
画像

起きてる仔はいそいそ…と移動しては採餌…。
その近くに上がっていたカルガモに至っては…。
画像

明らかに眠そうな顔をしているのでありました。

亀田川沿いに入る。
産業道路の一部はショートカットしたので、いきなり亀田川沿い最初のカモコーナーに…。
この日は、ヒヨドリが思っていた以上に幅を利かせておりました。
画像

ツグミあたりも普段見掛けるのですが、ツグミの方は全く…。
たまたまこの時、いなかっただけだったのかも知れませんが、ヒヨドリの合唱に付き合わされる事になりました。
まぁ…写真撮るには良い練習相手でもありますな
ある程度の警戒心を考えればの…お話ですが

ここから少し下る。
函館バスのバス停で言うと…大体、『田家入口』あたりだったと思いますが…。
画像

大きな柳にシメが集っておりました。
しかし、多少の枝被りは回避しようなかったのであります。

川淵を見ると…。
画像

ジョウビタキも徘徊しておりました。
しかしながら、なかなか上手くは撮らせて頂けないもんです
暫く振り回された挙句に見失ってしまいました。
大人しく待つと言う方法が一番だったのかも知れませんが…。
時間的にそんな余裕すら考えちゃおりませんでしたわ…

川面を見ると…カルガモ達に混じってキンクロハジロがおりました。
画像

今まで歩いて来たケースで考えるとこの場所でキンクロハジロにお会いするのは珍しかっただけのお話だったのでありますが…。
これも恐らくたまたま…ってパターンなんでしょうねぇ?

と言う事で、次章…共愛会病院裏手からのネタであります。
『黄色い軍団(その二)』に続く…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに出演者が多いと、なかなか前進出来ませんね。(笑)
どれも愛らしく素敵なショットであります♪
ポッポ
2011/02/28 21:35
ポッポさん
お褒め頂いてありがとうございます〜
結構、撮り逃しているのも多いんですが…。
初っ端から出られると前進ままならぬ状態です
ついでに(道場に行くのに)ちょっと焦りも出て来るんですけどね…
どてちん28号。
2011/02/28 21:47
こんにちは 
モモお嬢様はブルーの瞳で相変わらず可愛いですね。普通ネコといえば向の坊ちゃんのような顔が多いのに、モモさんは別格に見えます・・・。
マヒワは会えない年もあるので、会うと本当に嬉しいですね。マヒワ・シメ・ベニマシコの少数は北海道等で繁殖しているので、夏に偶然会えたらうれしいなぁ・・・
エル
2011/03/01 20:19
エルさん
こんばんは〜
ウチのモモを毎度、お褒め頂きありがとうございます〜
確かに…ネコと言えば、向かいの坊ちゃんのようなお顔が多いですね?
しかしながら、お向かいのお坊ちゃんも実は意外と胴長でしてね…。
気付いたらきちんと閉じた筈のドアを開けちゃってるんですよ
何れにしても我が家と縁のあるネコは、個性豊かな様な気がします。
函館でもマヒワは極端です。
昨冬は、一度っきりでしたけど…今冬は当たりのようです
夏場にお会いしたって話は、今のところ聞いた事が無いんですよ…。
恐らくいるとしたら、大雪山方面辺りかと…?
シメは一部留鳥化しておりまして、夏場に見掛ける事はあるんですが、他人様の家の庭先なのでほとんど見て終わりなんですよね…
ベニマシコの方は、今は近所に出て来ておりますが、ノビタキが本格的に出始めた頃には高い山の方にほとんど移動しちゃっております。
こっちでは、横津岳で何度かお会いしてますが…。
偶発的なパターンの方が多いです
どてちん28号。
2011/03/01 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄色い軍団(その一) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる