へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 着々と…。(その一)

<<   作成日時 : 2012/04/18 23:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

先日(4月18日)のお天気は、生憎の曇り空

何処をどう間違ったのか?

早朝、飛び起きてしまいました。

危うく…せっかくの休日に間違って出勤してしまう所でした


それはさておいて、ここ何日かで夏鳥の顔ぶれも大分増えたように思いました

と言う事で、先日は、今のところ内緒

とりあえず、一番最初に通るのは、石川、中野川沿いでありました。
今年も休耕地になるのか?その辺は判り兼ねますが…。
画像

ツグミが何羽か地面をホッピングで闊歩しているお姿を見る様になりました。
ただ…こうなっちゃうと撮り難い事、この上ない
そう言えば、川を挟んで向こう側の草地の方で、ホオアカの声が聞こえていたのですが…。
見つけるまでには至りませんでした。
確実に来るべき物が、来ている事が判っただけでも見つけもんと言うヤツです。
今季も暫しノビタキ同様、お世話になる事が多いんだろうなぁ…。
と思います

石川沿いは、相変わらずハシブトガラス、ハシボソガラス、オオセグロカモメが群れております。
画像

ひょんな事で、顔が合ってしまったので、顔が合っちゃった記念で思わず…。
ハシブトガラスを撮ってしまいました。
単品で見ると…なかなかひょうきんで、可愛いかも知れないと思うのは、僕だけだろうか?
遠い昔に日本野鳥の会函館支部の『ちかっぷ』(只今、休刊中)で、書かれていたカラスのお話を思い出してしまいました。
内容は、長くなるんで…少し覚えてる範囲でお話しすると?
ある人が、カラスの雛を育てて大きくなったから、野生に戻そうとしたら…。
他のカラスにいじめられて、結局…野生に戻れませんでした。
と言った旨の話だったと思いますが…

カラスの群れてる所から少々離れた先では…。
画像

ノビタキがおりました
でも、まだまだ…シャイなもので、ちょっとのお近付きすら許してくれません
この前の常盤川沿いをそのまんま再現でもしているのではなかろうか?と思ったくらいです。

対岸側の遊歩道上では…。
画像

キジバトがとことこ歩きながら地面を突いておりました。
でも、警戒心が強い奴に欲を掻いて時間を掛けちゃイカんもんです
この後、あっさり…飛んで行った。

中野川沿いに入る。
画像

画像

画像

カルガモ、コガモは、群れで固まっていると言う事が少なくなった様に思えました。
いる箇所も病院近くじゃ無く…点々とした感じです。
まぁコガモも渡りの時期に入ってますから、渡りになるとまた群れるのは目に見えているのでありますが…。
少なくてもその大きな群れを確実に今季は、見そびれている感は拭えません。

病院近くから少し上がって、住宅地…。
画像

柳の新芽がお目当てか?
ヒヨドリ達が、ちょこちょこ留っているのを散見しておりました。
ちょっと先日は、雨が降るか降らないかの微妙な天気…。
ヒヨドリもちょっと肌寒く感じているのか?気持ぷっくりした感じに思えました

と言う事で…続きが長くなりそうなので、『着々と…。(その二)』に続けさせて頂きたく思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
着々と…。(その一) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる