へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 後遺症(?)…との闘い(その三)

<<   作成日時 : 2012/04/17 01:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

『後遺症(?)…との闘い(その二)』の続きでごんす

さて、前タイトルの最後で思わぬ再会と書きましたが…。
思わぬ再会は、こちら↓でした。
画像

どう見てもただのセグロカモメじゃねぇかって?
ふふ〜ん?そんな事思って良いのかなぁ?
足元を見て下さいませ
足冠に『A13』と書いてるじゃないですか?
この足冠に纏わるお話はこちら↓
春分…?((((_ _|||))))ドヨーン (その二)
リンクしてありますので、色違いの所ポチッと見て頂ければ、納得して頂けると思います

まぁ…そんな事より七重浜沿いでの鳥見はどうだったかと言うと?
一言で言うとパッとしないと言うのが正確だったと思います。
見られても遠い若しくは、逆光だったと言うのが痛い所でした。
そのまま…サクサクと足早気味に大野川河口方面に進んでみる。
画像

一緒に休んでいたカルガモとホシハジロでありましたが…。
僕を見るや対岸に逃走する始末でした

とりあえず、大野川河口と戸切地川河口は、行って見ましたが割愛させて頂く事にして…。
戸切地川の鮭止めポイントに向かう前に上磯漁港に立ち寄ってみました。
漁港の戸切地川側を見てみると…?
明らかに見慣れない変なヤツがおりました。
そこで、思わぬ混乱した事は言うまでも無い…生で見るのは初めてでしたから
画像

その変なヤツは、アビでした
ゆっくり検証を重ねた結果が…そうなったと言う事なんですけど…。
換羽の最中らしくこれじゃ…見た途端いきなり判る訳が無い。
嘴の反り具合を見て、やっと辿り着いたと言うのが真相です。
これが、オオハム、シロエリオオハムだったらもっと混乱していたかも知れません
出来るなら、完全に冬羽か夏羽であってくれた方が、まだマシだったのかも知れません…
と言う事で、間違ってたらごめんなさい

上磯漁港から一路…戸切地川沿いへ
画像

ユリカモメ…夏羽、冬羽混合と言いたい所ですが、まだ夏羽になりきっちゃおりませんです。
早くちゃんとした夏羽を拝みたいものですが…。
僕個人としては、見慣れている冬羽の方がどちらかと言うと好きです。

段々、左手の痺れが厳しくなって来ましたが、まだまだ頑張るとして…。
画像

仲睦まじく泳ぐマガモのペアです。
まぁ…ここで、マガモにお会い出来なきゃちょっと変?くらいには感じます。
このマガモのペアがいた少し先では、ダイサギが採餌しておりました。
そのダイサギに気付かれた時の事…。
画像

おぉぉぉぉ〜っ
近付いてくれると思いきや…。
思いっきりフェイントでした
画像

思い切り対岸の中州の方へ降りてしまいましたわ…

やはりここでは、名物(?)に期待するしかない。
画像

カワアイサには、ここでしっかり会っておかないと気が済みませんでした。
恐らく冬鳥がほとんどいなくなったら、またお世話になる事請け合いです

鮭止めポイントまで、進んでみましたが…。
結局のところ、カモメ類がほぼ占拠している状況で、時間も時間だったので引き上げる事にしました。
そう言えば、昼食がまだでした。
途中で、バスに乗るつもりでしたので、バスの時間いっぱいまで、函館方面に歩く事にしました。
大野川に架かる橋の上からこっそり…。
画像

キジバトを撮ってみたりする。
実は、何度か撮ろうと試みていたものの…。
警戒心丸出し状態なもんで、なかなか撮らせて頂けておりませなんだ

バスは、久根別からスパビーチ前まで乗る事にしまして、そこからまた函館方面へ…。
途中で、軽く昼食を食べてホームセンター裏手の浜からまた海沿いに出ました。
特筆するような事も無かったので、サクサクとフェリー埠頭へ…。
フェリー埠頭の函館側岸壁でした。
画像

ハクセキレイが、囀っておりました。
何だかこっちに向かって囀っているようで…少々照れくさい

フェリー埠頭を離れようとした時に…。
画像

コハクチョウの群れに会いました
しかし、気付くのが遅れた御蔭で、レンズを伸ばすのを忘れた上に羽数を数え損ねました
少なくても15羽くらいはいたと思いますが…
進む方向が、ちょっと違う様な気がしないでもありませんでした。
何処に行くつもりなんだか?
で、予測として…大野平野若しくは大沼方面に向かってると言う仮説くらいしか思いつきませんでした。

ではでは、サクサクと小田島川へ進んで…。
画像

小田島川を泳いでいたキンクロハジロでありました。
この日何度か会ってはいたものの…なかなか撮る機会はありませんでした。
なんとかここで会えて良かったと…少しホッと致しましたですよ

そのまま川沿いを上って行きまして、昭和公園、石川を経由して我が家に戻るのでありました。
でも、長時間動いたせいか?
ちょっと左手の痺れが、幾分…厳しく感じました。
ちょっと参りました…。
薬の御蔭で、眠くなるのはかなり早いし…
今のところ、打つ手無しでございます






大野幹代/My これ!Liteシリーズ 大野幹代/羽田恵理香/宮前真樹(CD)
ぐるぐる王国 楽天市場店
CD発売日2010/4/211?3日以内の発送(土日祝を除く)詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返

楽天市場 by 大野幹代/My これ!Liteシリーズ 大野幹代/羽田恵理香/宮前真樹(CD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後遺症(?)…との闘い(その三) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる