へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS とんとん拍子…( ̄▽ ̄;) その一

<<   作成日時 : 2012/05/09 22:05   >>

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

先日(5月8日)は、朝早くから叩き起されまして…。

僕の兄上を勤務先まで送り届ける事と相成りました。

はっはっはっ

これが、思わぬ…チャ〜ンスだったりする


ってな訳で、一度、我が家に戻って、鳥見モードに移行しまして、行ってみた先は大野平野経由七重浜でございました。
と言っても病院の予約もあったものですから、のんびり鳥見をする訳にもイカんのも実情だったりする

七重浜は、セメント工場のパイプラインが見える浜に…。
見た目に流木やら枯葉やらが浜辺に堆積した状態でありまして、見た目に明らかに歩き難い状況でありました。
しかも客観的にさら〜っと流して見ましたが…。
鳥の出もなんだかパッとした印象ではございませんでした。
そんな折の事でありました。
画像

一羽だけセグロカモメを見つける事が出来たので、撮った訳でありますが…。
どうも左足を怪我しているようで、見た目にも痛々しい

上磯漁港の戸切地川側の方に行ってみる。
ちょっとシギチに会える事を期待した訳でありますが…。
一応、鳥見の神様は、僕に御慈悲を下さったようです
画像

キアシシギにお会いする事が出来ました
総勢、11羽の群れだったのでありますが…。
実際に撮ってみた物をパソコンに取り入れてみたら、暗いのなんの…
割と明るく撮れていた一羽だけ載せる羽目になった次第です。

ちょっとだけ戸切地川河口の方に行ってみる。
やはり…ちょっと歩き難い。
しかも機動力志向だったもので、履いてる靴は…軽作業用の靴でありました。
不整地で歩き難いのもちと納得するしかありませんでした
画像

まぁ…そんな自然の恩恵か?
ユリカモメが随分多くいるように感じました。
大方、既に夏羽になっておりましたが…。
冬羽の名残を残しているのは、極少数でした。

おぉ…すっかり忘れておりました
画像

浜辺の草地で鳥見をしていたニャンコさん
他にも二匹いたのでありますが…。
カメラ向けたら、脱兎の如くならぬ…脱猫の如く逃走しちゃいました

さて、先に言った通り…のんびり構える余裕もなかったので、さっさと次なる場所へ移動する事にしました。
下手すりゃ…今週の鳥見は、出来ないかも知れないと言う不安もあったものですから、焦っていた事も否めない。
とにもかくにも次なる場所は、笹流ダムでありました。
桜も咲いて丁度、良い機会と踏んでいたのであります。
笹流ダムの広場に着くと刺激的な声が、耳に入って来る。
画像

獲物咥えてツピーツピーと鳴くシジュウカラですら…。
刺激的な存在(?)だったりする

しかしながら、もっと刺激的な存在は別に…。
画像

イカル軍団に出食わすとは…思ってもおりませなんだ。
去年は、会った覚えも無かったし…。
下手すりゃ二年くらい会ってなかった様な?
しかしまぁ…見れば見る程、喧嘩っ早い印象でした。
お互いに顔を見れば、こんな調子でしたから、単体で撮ろうにも撮る暇をなかなか与えては頂けませんでしたわ

ちょっとダム湖方面に行ってみましたが…。
ダム湖にカルガモとカワウがいたくらいで、さっぱり…。
ダム湖に来る途中の坂道はカワラヒワだらけ…。
僕の見間違いでなければ、カワラヒワの一番子あたりの巣立ちが終わって訓練でもしているような雰囲気でした。
でも、もうちょっと別な鳥さんを希望していたのですが、笹流ダムでは…。
結局、撮れる機会も無く撃沈されちゃったのであります

再びダム広場に戻る。
丁度、鳥見仲間にバッタリ…ちょこっとお話して別れた後の事でした。
画像

噂をすれば何とやらってヤツで、ニュウナイスズメにお会いする。
僕個人としては、着いた時点で見掛けてはいたのですが…。
話を聞いた時点では、ちょっと今季のニュウナイスズメの傾向が変なんだそうな?
もう既に咲いている桜には、寄り付かないで、別な木で見掛ける事が多いんだとか…。
言われてみれば、この日…桜の木に留っているニュウナイスズメは見ちゃいませんでした。
そんな事もあるもんなんですな…。

そろそろ本気で笹流ダムを離れようとしていた矢先に…。
画像

メジロに会いました
これもたまたま…タイミングが悪かったのか?
なかなかメジロに会えなくて、意気消沈している矢先の出来事でした。
しかし、単に他に気を取られて気が付かなかっただけだったのかも?
よくよく見たら、嘴周辺が花粉で黄色くなってましたわ…。
沢山桜の花に嘴を突っ込んでいたと思われます。

ってな訳で、笹流ダムで目的を果たせなかった以上は…。
四季の杜に行くしかない(←どう転んでも行く気満々だったのに…。)
ちょっとサクサクの流し見程度に歩く事にしましたが…。
この続きは、『とんとん拍子…( ̄▽ ̄;) その二』にて…。
おまけにどうしてタイトルが、『とんとん拍子』なのかも書きたいと思います。

ではでは〜後程

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
とんとん拍子…( ̄▽ ̄;) その一 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる