へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS みやこ撮り♪ 再び…( ̄▽ ̄) ニヤ

<<   作成日時 : 2012/06/12 23:33   >>

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

最近の最後の鳥見から一週程、お留守になりました

先週は、火曜、水曜と連休になったのでありますが…。

火曜日は、四季の杜に行ったのは前回書かせて頂いた通りです。

水曜日は?と言うとこれまた鳥見に行く気だけは満々だったのでありますが、生憎の天気と木曜から先日までの連勤に備えて死んでました

全く以って、悔しい日々を送っていた訳で…と言いたい所ですが…。
前向きに思ったら、術後からさっさと鳥見してお疲れだろうから休め…って事もあったかもしれませんです。

それはさておいて、本日…。
例の手術後約一カ月って事で、病院行きでございました
これが無ければ、鳥見にどっぷり…と行きたかったんですがねぇ…

とりあえず通院の時間になるまで、ちょっとばかり七重浜方面に出て見る事にしました。

先ずは、手っ取り早く港町埠頭に向かってみる。
小田島川を眺めていたら…。
画像

カルガモがしどろもどろな雰囲気を醸し出して歩いておりました。
しかし、これにはちゃんとした理由が…。
画像

母ちゃんカルガモの後には、仔ガモちゃん
しかし、上に上がろうにもコンクリの川壁が高過ぎて上がれない…。
この後は、何も見なかった事にして素通りを決め込む事にしました。
後からカルガモ親子がいた上空付近を見ていたら、天敵(ハシブトガラス、ハシボソガラス)が親子の隙を探っている様な行動をしてましたしね…。

港町埠頭に入ると…相変わらずヒバリ天国と言いますか、天気が悪くてそうなのか?
何れにしても微妙な感じでありました。
画像

まぁ…結局のところ、オオヨシキリにもノビタキにも嫌われて、ヒバリに相手をして頂くしか無かったのでありますが、天気に大なり小なり左右されると言う事はあるようです
オオジュリンくらいは拝んでおきたかったんですけどね

港町埠頭をクルっと廻った後は、七重浜海水浴場へ…。
ちょっと家を出るのが遅くなったと言う事もありますが、あんまり早く出てもゲートが閉まってるし…。
車で行動していると難しい所だったりする。
まぁ…御蔭で入る事は出来たんですけど、これがまたパッとしないんですよ
飛んでくるのは、ドバトの群ればっかりです。
そこに混じってスズメもやって来るのですが…。
スズメのホッピングは馬鹿に出来ませんです
意外と素早いもんで、カメラワークが追いつかないと来ちゃったもんで…。
画像

浜と駐車場を分けるコンクリ製の杭に留った二羽を撮らせて頂いた次第です
たかがスズメ、されどスズメと言っても本気で撮ろうと思えば、意外と馬鹿には出来んのですよ…。

さて、海水浴場から久根別川河口方面へ…。
少し冗談も入っていたのですが、シギチに会えないか?くらいな安易な気持でありました。
オオジュリンも数回見ているし、会えれば都合が良かったりする。
サクッと函館方面に足を向け歩いて、何となく浜を見ていると…?
画像

ミヤコドリがおりましたです
時として、冗談半分がこう言う事を引き起こす
因みに以前のミヤコドリネタはこちら↓
みやこ撮り♪
やられっ放しのフラれっ放し…。(その二)
色違いの所で記事にリンクしてありますですよ〜

と言う事で…。
画像

友情出演のウミネコ
と言ってる場合ではないのですが、以前のミヤコドリの件を思うと彼此一年半以上前の事だったんですね?
しかも2010年10月くらいのお話ですし…。

久根別川側の空き地でありますが…。
ヒバリはもちろんの事、コチドリもいらっっしゃいます。
当然、ホオアカもいるのですが…。
画像

ちょっとばかり距離感が…
出来る事ならやはりオオジュリンと行きたかった所ではありますが、出て来ないもんは仕方ない。

それから一路、大野川河口へ
対岸を見ると…。
カモメ類がうようよの中…
画像

カワアイサ女子が一羽…。
おめかししながら陸に上がっておりますです。
しかし、彼女の邪魔をするヤツはいるもんで…。
ウミネコ若鳥がちょっかいを出してました。
ちょっと離れた後、カワアイサ女子がもう一羽出て来たので、ある意味嫌がらせしている相手に対しての増援のように思えましたです

大野川から海伝いに戸切地川へ…。
画像

途中で、目の前にハクセキレイが降りたので思わず
戸切地川に到達すると…?
画像

こちらでは、婚姻解消後なのか?ただ単に今年はモテなかった悲しい野郎の集まりか?
カワアイサ男子の団体様に会いました
もうちょっと天気が良ければ、もう少しマシなものになっていたと思うのですが…。

ここから、ちょっと戸切地川を鮭止めポイントまで遡ってみることに…。
ムクドリが騒がしいって事以外は、全く静かなもんでありますが…。
草が生い茂る箇所は普段着で動くのは憚られる状態でした。
それはさておき…。
画像

マルガモ(マガモとカルガモの混血)と一緒にいたのは、ヒドリガモ女子でありました
何処かに男子がいても良さそうな気がしないでもなかったのでありますが、男子の『だ』の字も見つからない。

鮭止めポイントから踵を返して河口に戻ると…。
画像

証拠程度になりましたが、シノリガモ女子がお二つ…
やはり…野郎のお姿は見当たりませんでしたわ

それから、まだちょっと病院に行くまで時間があるって事で…。
大野平野を彷徨し…。
函館江差自動車道の側に来ちゃいました。
コヨシキリに困った時のポイントの一つでもあるのですが…。
画像

真っ先に相手をしてくれたのはノビタキでした。
で、目的のコヨシキリは…と言うと?
画像

何十分も出て来るのを待たされた上に…。
距離もそれなりに離れておりましたですよ…
まぁ…もう少し時間的に余裕があれば、大丈夫だったのかも知れませんがね

そして、我が家に戻る。
画像

窓辺で待機していたのは、お向いのお坊ちゃんでありました。
ここ数日、お向いのお坊ちゃんに一時帰宅する場面を観察されてるような感じです
見られても何も出やしないんですけどねぇ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みやこ撮り♪ 再び…( ̄▽ ̄) ニヤ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる