へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ミサゴの住まう岩…(=v=)ムフフ♪

<<   作成日時 : 2012/08/12 22:29   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

先日(8月11日)の事であります…。

ようやらやっと…体に自由が戻って来た所で、思い切って厚沢部川で鳥見をする事に致しました

ま・まぁ…お題の通り今回の鳥見は、ミサゴ狙いだったんですけど、何かの間違いが無いとは限らん。
ってな訳で、いきなり出オチの様な展開です
画像

ここ暫く…厚沢部川河口に行く機会が無かったもんですから、その前にちょっと寄り道をしちゃった訳である。
厚沢部川河口への道とは関係ない更に江差町市街に向かう途中で見える岩の上…。
何年か前にミサゴを拝んで以来…でありましたが、今年はしっかりいてくれました
ざっと数えて3羽の若様に丁度、お食事を与える成鳥様…。
幾ら若様とは言え…大分、ミサゴらしい風格は出ているんですけどね
まだまだ甘えたい盛りと言った所でした。
でも、悔やまれるのは…500ミリレンズしか持っていないと言ういた〜ぃ現実
本来なら今季は、エクステンダーなる物体を装備する予定が…入院した御蔭で計画は頓挫したまんまです。
我が家の大蔵省(母)は厳しい…
一応、僕が稼いだお金なんですが
ケ○の毛をまるまる抜かれてる気分です。

さて、大蔵省(母)の事に関するつまらん冗談は…ここまでにしておきまして
ちょっとだけ来た道を戻って、厚沢部川河口の近くにやって参りました。
僕の脳内では、ピ〜カンに晴れているくらいが、丁度良かったんですが、早々お天気が僕の都合に合わせてくれる筈も無く…。
ちょっとどんより気味だったりする。
でも、計画は淡々と実行される訳ですが…。
今回も手いた〜ぃ目に遭ってしまうのであります
とりあえず周辺を探索し始める。
画像

際立って目立っていたのは、カワラヒワとツバメでありました…当初は…。
で、『何でカワラヒワ?』と言われると?
撮れそうなのが、カワラヒワしかいなかった…と言うオチでは無いんです。
このカワラヒワがいた現場を車で通った際にエゾセンニュウが囀るお姿を見掛けていたものですから、また会えると期待したのでありますが、結局…二度目は無かったんですよ
車を運転していなければ…と思ったところで後の祭りでした。

泣く泣く…海側に行く途中でした。
ノビタキやホオアカ、アオジに苦戦しながらの道程…。
電柱の上には、コムクドリ…。
画像

何となく留っている箇所を覗き込んでいたりするのですが、実は、覗き込んでも意味が無い。
後から何かあるのか?と思い見て見たら、空洞になっている部分の口が金属で塞がれているんですわ…。
要は、『ただ見てるだけ〜』だったのです
それに気付かず…期待を込めて見に行った僕の立場は、『アホが見るブタのケ○』です

小一時間程、近くのパークゴルフ場周辺を散策して、ツバメとショウドウツバメを満喫しまして、海側へ…。
ホオアカとヒバリ、ノビタキに散々…叩きのめされながらでありますが
先の出オチと言いますか…何かの間違いの保険は全く必要無かった感が拭えませんでした。
画像

黙って歩いていれば、川の入江近くを悠々とミサゴが飛んで来ていたりする
悔やまれるのは、光線具合の悪さくらいでありましたが…。
ワザとらしく頭上を平然と飛び回るから性質が悪いと言うか…人(鳥?)が悪い

川の入江を大きく迂回し海沿いに出る。
実は、ミサゴ以外に狙いがありまして…。
ひょっとすると?シギチを期待しても罰は当たらんであろう?と言う…。
二度も美味しいコンセプトを秘めていたのであります
いやぁ…ホンとゴチでありましたよ
画像

シロチドリを撮れなかったのは痛かったんですけど…。
メダイチドリとお友達になれるとは…考えてもおりませなんだ
こっちが腰を低く間を詰めていけば、あちらから勝手に近寄ってくれると言う…。
正に感涙物…いやいや…涎物でした。

まぁ…ちょっと存在がバレちゃった直前のお姿を…。
画像

お顔のピントが外れちゃいましたけど、飛び去るホンの数秒前の姿です。
距離に直して、10メートル以内の範囲でありました。
この間もミサゴは、周辺を何かに群がる直前のハゲワシと感じさせるくらい飛び回っておりましたが…。
ミサゴにとって、シギチはOUT OF 眼中なんでしょうね?
メダイチドリ達もそれを解っているのか?全く動じる様子は無かったし…。
一番の脅威は、僕の怪しい存在だった事は間違いない…と思います。

サクサクと河口方面に突き進む…。
メダイチドリ達も波打ち際で採餌に懸命になっているから、下手に距離を詰めなきゃ先ず逃げる事はありませんでした。
そんな矢先…。
画像

僕が行く方向にミサゴが二羽留っていたりする〜
し・しまった〜やってもうた…
これをホンとは、撮りたかったんですよ〜
と思ったところで後の祭り…。
今更、入江の対岸に引き上げる訳にはイカん状況…。
コソコソ…バレないように間を詰めなきゃイカんと思ってもやはり猛禽のお目玉は誤魔化せなかった。
サクッと飛び去られたのは言うまでも無い

ミサゴにすっかりかわされ…実は、河口で二度目があったのですが、これもかわされ…。
すっかり空いた口が塞がらん状況…ボー( ▽ )o〇O
仕方なく来た道程を引き返す…。
また暫くメダイチドリのお世話になろうと思っていた所でした。
画像

妙にちょろちょろ小さい奴が徘徊してると感じていたら…。
トウネンでありました
ちょっと手強い存在でしたが、渡りに向かって動き出した所を見ると…。
七重浜もそろそろかも?と思います…。
凡そで行けば、今月15日以降くらいと僕個人は予測しておりますが…。
その前にもう一つか二つ行ける内に行く所も考えなくては行けなくなりました。
まぁ…鳥見する時のもう一つの楽しみでもあるんですけどね

さて、海沿いから戻って、入江の対岸…。
単に戻っただけなんですが…。
また対岸のお礼参りを食らう事になりました。
と言うのは、ショウドウツバメ…ちょこちょこ見掛けていたのが、とんでもない数になっておりました。
ざ〜っと数えて、50〜60強くらい群れておりました。
やはり…手痛い現実はここにはありました。
無理矢理撮るのも一興とも思いましたが、後ろ髪引かれる思いで断念しました。
残念ながら

来た道を戻っている間に散々振り回してくれたホオアカに仕返ししました
画像

少し距離は開いておりましたけどね…
なかなかオートでは、ピントが合わないんで、マニュアルで合わせるしか手立てはありませんでした。

更にノビタキにも仕返しでした
画像

喧嘩している訳じゃないんで、仕返しと言うのはかなり語弊がありますが、思っていた以上に苦戦したのは間違いのない話でありました。
それはさておいて、ノビタキも段々…渡りの時期の色取りになりつつある事は間違いない現実です。
実を言うと河口周辺に来る前に男子のもうほとんど冬羽の個体をお見掛けしておりました。
去る者があれば、来る者もある季節は巡っている証拠ですね?


厚沢部川河口周辺からほとんど寄り道する事無く…。
我が家に帰宅する。
賞味3時間強くらいの鳥見でありましたが、僕個人としては、別な意味合いで…。
季節が巡っておりまして、体力温存策に走っちゃった訳であります。
帰宅してみると…丁度お昼でありました。
画像

ウチのお嬢ちゃんちょっと暑さでダレちゃって…。
座布団の上ですっかり伸びきっておりました
ここのところ、お向いのお坊ちゃんが、来ていようがいまいが…。
平気で腹を見せて寝てる事が多いのであります。
彼女は彼女なりに…平和な毎日なんですな?

窓辺で寝ている事が多いお向いのお坊ちゃん
画像

丁度、窓辺に上がって御就寝と洒落込む所でありました
いつもは、窓辺に置いてる鉢と窓の間で…撮れるような状況じゃないんですけどね…。
先日は、ちょっとサービスしてくれたみたいです

と言う事で、次の火曜日…。
鳥見にまた行くつもりでいたのですが、昼食を頂いてる最中に…。
気が付けば、墓参りが決定しておりましたわ
そう言えば、お盆ですもんねぇ?
仕方ない…心霊写真でも撮りに行くか?
い・いやロクでもないもん撮れてちゃヤバいだろうしな…
出来れば、そんなの撮れる事は願わん方が身の為かもしれませんですね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミサゴの住まう岩…(=v=)ムフフ♪ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる