へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 強行実施

<<   作成日時 : 2013/02/25 21:18   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

二日前(2月23日)でありました。

なんとなく…天気が落ち着いていると思いきや。。。

この日も降ったり止んだりで忙しい雪に見舞われました。

朝起きて、リビングへ…。
ほれっ少し遊んでやるじょ〜
画像

で?何で遊んでいるかと言うと…。
ただの紐だったりする〜
そうウチのお嬢ちゃんは、紐の先端で遊ぶのが大好きなのだ
寝ていようが、何していようが…紐をチラつかせただけで目の色変えて飛びついて来たりする。
因みに…雑に脱いだズボンや上着に入るのも好きだ。
特に僕の…なんですが

さて、天気に左右されつつも…この日は、かなり久々に函館山に登って来ました。
どのくらい行ってないか…忘れた
恐らく去年の秋以降だった様な気がしますが…。
それはさておいて、登山口の駐車場でした。
画像

いきなりウソの群れにお会いしました
もうこの仔等も好きネェ…桜の新芽が…。
多少近くに寄っても食べる方に夢中なもんだからなかなか逃げない。
流石に車が走り抜ける音はちょっと嫌だったみたいで、さっさと函館公園方面に飛んで行ってしまいました。

函館山をてくてくと登って行く訳ですが…。
ちらちらと雪が降ったり止んだりは、この日は相変わらず。
登ってみる事に意義があるような鳥見となりました。
と言いますか…その様にほぼ推測していたので、函館山登山を強行したと言った方がある意味無難だったと思います。
ってな訳で、只今…登山される方にちょっと人気があると思われる鳥はこちら↓
画像

おぃおぃヾ(・ε・。)ゴジュウカラじゃネェかよ
と言われそうですが…何か?
もうせっかく撮らせてくれるもんを撮らない訳に行かないじゃないですか〜ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ
では、そのからくりを言ってしまうとですな…。
函館山に登る方が、時々…石垣の隙間に餌となるものを置いているそうだ。
因みにこの場所…春から秋には、シマリスがいる所だったりする訳で、只今…おネンネ中なシマリスに代わってゴジュウカラが、癒しになっていると言う事だそうだ。

雪に阻まれつつも…。
見切り付けまくりながらの登山でありました。
流石に出てこないもんは、どうにもならんのであります
頂上まで行って、千畳敷を回って下山の途に就く…。
ふと山裾を見ていると何やら群れがこちらに向かって来る。
(ノ´▽`)ノおおおおおお〜っ
と喜んだのも束の間でした…。
近寄るどころか目の前をスルー
そんな殺生な…。
画像

とりあえず撮ってみました。
群れの正体は…マヒワでありました
まぁ…会えただけでもマシと思うしかないです。
それはさておいて、ハンノキ様々でございます。
ヤバい時は、ハンノキを見とけは、ある意味正解かも知れません。

で…肝心のマシコ系は今回はダメでした。
地表面は、すっかり雪に埋もれて期待度全くございませんでした
推測の域でしたが…。
結局のところ、一番終始お世話になったのは?
画像

ハシブトガラでした。
まぁ…無難と言うか平常運転です
一つ言えるのは、意外と人目を気にしちゃいないって事くらか

実は、函館山にいたのは賞味三時間くらいでした。
どれだけハイピッチだったんだか?
見る物が無いと言うのは実に恐ろしい
因って撮れるものも少ない…。
これは当たり前か…。
それでも下山も終盤に差し掛かった時の事でした。
画像

妙にフレンドリーなコゲラから始まったカラ類の混群でした。
この日の鳥見は、下山の途中でほぼ完結に等しいような気がします。

とりあえずカラ類の混群の一番の強敵…。
画像

やっぱり…ヒガラでした
国内にいるカラ類最小ってだけあって、なかなか厳しい感が致します。

そして、性懲りも無く…。
画像

ゴジュウカラでした。
わざわざ近寄ってくれるんで、何を期待してたんだか?
まさかの手乗り…なんて事はないだろうと思いたいですが…。
先のゴジュウカラの状況を知ってしまった限りではそう遠くないかも?しれない

函館山を下山して少々余裕があったので、函館公園へ…。
画像

白鳥のゲージでお食事を失敬していたスズメです。
なかなかの別嬪さんでした
しかし、食への欲望は飽きる事無く…。
再び白鳥のいるゲージに一っ飛びでありました

軽く園内を回ってみる…。
この日の園内は、少々静かな方でした。
ぼちぼち帰宅をしようと思っていた所でした。
画像

ウソの群れの中に一際浮いた存在でした。
ウソはウソでもアカウソでした
なんだか随分、久々に会ったような?
まぁ…これもこの日の立派な収穫ですわ〜

この日…函館公園で熾烈な追い掛けっこをしました。
画像

もちろん僕が鬼でございます…
桜の枝から枝へと先に先にと移動するヤマガラに翻弄されまくりでした
しかもいちいち振り返る余裕すら見せる確信犯的な態度が余計に僕に火を付けました。
これでニヤリ…なんてされてたら、どうなっていた事やら?
恐らく配線の一、二本は切れてたかも?と思うのでありました。

鳥見の後、少々野暮用があったので本屋に立ち寄った後にすんなり帰宅しました。
我が家に着くと…。
画像

お向いのお坊ちゃんが日向ぼっこの最中でした。
この時点で、降ったり止んだりの忙しい天気は小康状態でありました。
それはさておいて、お坊ちゃん何見てたんだろう
その方向を見ても特に変わった事は無かったけれど…
視線は暫く変わる事はありませんでしたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強行実施 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる