へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い御身分だな?

<<   作成日時 : 2013/02/05 22:14   >>

かわいい ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

先日から暦で言う所の春でございます〜

と言ってはいるものの…。

今日の函館は、暦とは関係なく雪が降っていたりする

しかしながら、数日前から色々と野暮用が重なり過ぎて…今日の鳥見はお預け状態です


と言う事で、遅くなりました

先週の土曜日(2月2日)の記事である『雨のち晴れ…。』の続きでございます。

見晴公園から松倉川河口までやって来た僕でありますが、このまま大人しく鮫川方面にシフトすると思いきや…。
ちょっとばかり一計を思いつきまして…。
熱帯植物園に行ってみる事にしました次第であります。
そうそう前記事で言うのを忘れておりましたが、僕が松倉川に到着した時点で雨はすっかり上がっておりまして、お天道様がちょこちょこ見えておりました。
では、話を元に戻すとして…。
何でその様な経緯になったかと言うと
ははははは…
単なる気紛れだったりする〜
と言ってももう数年程、立ち寄ったことすらなかったりする。
画像

植物園のニホンザルに会うのも数年振りの事…。
流石にこれでもちとばかり寒いのか
(因みにこの日の函館、二月の割には多少なりとも暖かい方だったと思います。この日の僕もかなり軽装でした。)
身を寄せ合って、暖をとる仔達もいれば…。
完全に温泉ズブズブな仔達もいる訳で…。
画像

湯川温泉の恩恵をしっかり頂いているのは、たまに新聞、ニュース等で知られている通りです。
寧ろこっちの方が、温泉に入りたいくらいなんですがね
尚且つ湯船に入っていてもお食事にも困らないと来ている。
画像

観に来た方達が、おサルさん専用の餌を投げ入れるんで…。
わざわざ出る必要も無く温泉で時代劇さらながらの湯船で晩酌のような状況になっていたりする。
全く以って、良い御身分

さて、メインの建物へ入ると…。
これが、とんでもない誤算を呼んでしまう。
熱帯植物園と言えば、温室育ちの熱帯植物ばかりですよね
当然、長時間外気に晒されていたカメラのレンズが、急激な温度と室内の湿度で、一気に曇ってしまったりする訳だ…。
温室内での撮影は、小一時間ほどお預け状態に陥ったのでありますよ…。
レンズ拭きもたまたま持ち合わせていなかった事も止めでしたけどね
まぁ…それでも暫しのんびり数年振りの植物園を満喫しましたよ
と言っても正直言うとこれと言って見るもんもない
亀見て、鯉見て、熱帯魚少々…金魚見て、シマリス見て、いるんだかいねぇんだか判らんホタルの培養池(?)見て、老衰でお亡くなりになったリスザルの遺影を見て…。
メインの植物を拝んで…。
これ以上、何すりゃ良いのか?さっぱり…
僕が、幼少の折は、ワニもいたし…一時期、コツメカワウソもいたなぁ…。
確かフラミンゴもいなかったけ?
今は、ウサギですぜウサギ悪いとは言わないけれど、凄い落差と感じちゃうのでありますよ。
気合い入れて見るもんが少ないんですわ…

レンズの曇りもある程度無くなったところで…。
温室内にあるインコのゲージでありました。
画像

何故か?スズメが二羽程、インコ達と一緒に過ごしております。
何処から侵入したのだろうと周りを見ても侵入経路がさっぱり…。
侵入経路があるって事は、ゲージ内のインコ達も脱走出来るって事ですからな…
この結論を考えると何かの拍子で、入り込んでしまったと言うしかない…。
おまけにこのスズメ達、時折、出口を探す素振りは見せるもののある意味では、ちょっと観念しちゃっている模様でした。
餌には、全然…困らないですしね
と言っても野生から気が付けばいきなり籠の鳥になるのはやはり気の毒だったりする。

植物園から出て、鮫川を遡る事にしました。
干潮気味だと言うのは、見るからに判っておりましたが…。
期待は裏切りませんでした。
画像

僕の脳内妄想通り…キンクロハジロにお会い出来ました
これで、ホオジロガモもいてくれれば、尚良かったのでありますが…。
ちょい悪顔の男子ばかりって訳にもイカんと思いつつ…。
へ〜ぃ彼女〜写真撮らせてくれない〜
画像

と思ってカメラを向けたら意外な程、あっさり…撮らせて頂けた
これで相手が、もし人間だったら…翌日以降若しくは、数週間後に不審者出没扱いだろう
って?おいおい…ノリはナンパ調だけど、こんなんで引っ掛かるヤツがいるとも到底思わんですけど

キンクロハジロ達から然程離れていない少し先での事…。
画像

ネッシーを彷彿させるようなお姿が見えておりました。
差し詰め鮫川なんで、サッシーと言ったところでしょうか?
さっしー?…また要らん事を連想してもうた
元A○Bで現H○Tのさしこ(指原)を思い出してしまった。
別段、ファンと言う訳ではないですが、もしも…このウミウがさしこだったらある意味怖いですな。
ははははは…ヾノ´∇`) ナィナィ
ついでにウミウって…既に言ってるし
それはさておいて、このウミウ僕を見るとあっちこっちあの手この手で姿を晦まそうと画策するも…。
こっちも早々その手は食らわない。
と言いますか…さっさと飛んだ方が早くない?と突っ込みたかったんですが
流石にうろちょろする原因が僕である事が可哀想に感じたので、このくらいで遠慮させて頂いたのであります。

鮫川を更に少々遡る。
画像

鮫川のコガモ達も平常運転の模様でした。
以前来た時は、カルガモとマガモくらいしかお会い出来なかったんですけど…。
気持…平年より少な目と言うのは否めないかな?と感じております。

干潮時の恩恵と言うヤツで、鮫川の浅瀬も顔を覗かせております。
その浅瀬の上には…。
画像

カワアイサがおりました
しかし、ちょっと様子がおかしい事に気付きました。
戸切地川並み以上にカワアイサとの距離は近かったのでありますが…。
普段ならとうの昔に逃走される距離だったのであります。
よく見ると…翼を痛めている模様
飛んで行こうと試みるもそれが痛々しく見えてしまいました
どの様な経緯でそうなったのかは、当然、知る由はないのですが…。
自然の掟でそうなったのであれば、自然の掟に委ねるしかないです。
出来る事ならば、早い回復を願いたいものです。

浅瀬でのんびりでありました。
画像

入念に羽繕いをしているカルガモのお姿…。
よくよく思えば、目に見えてカルガモ達も恋の季節みたいですなぁ…。
まっ頑張ってくれたまえ
僕、民事不介入な上に馬に蹴られて死んでしまうような趣味は持ち合わせておりませんので…。
それにしても気になるのは…。
このカルガモがいる更にずーっと後方にある庭の方と…。
このカルガモを撮った僕の後方にある庭でありました。
偶然、会った方とお話したらどうやらダイサギとアオサギが集まり出してる云々…。
そう言えば、もう番いになっててもおかしくない時期ではありますな
こっちでも早くても三月下旬から四月頭くらいには、雛のお姿を見る事がありますから…。
とりあえず楽しみは取っておかなきゃイカんです


鮫川からさっさと踵を返して車に戻り帰宅の途に就きました。
何処も寄り道する事無く我が家へ戻ったのでございます…。
玄関先からリビングに入ると…。
画像

この日は、ウチのお嬢ちゃんカウンターの上で置物状態でした。
でも、さっぱりこっちを向かないのよね?
と思って、その視線の先には…。
画像

お向いのお坊ちゃんが、すやすやと寝ておりました
なんか…この仔、我が家で寝てばかりの様な?
どうせなら、寝ていても構わないから僕の寝不足気味も吸い取って解消してくれんかな?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
良い御身分だな? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる