へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀田川奇行

<<   作成日時 : 2013/04/27 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

火曜日(4月23日)の事でありました。

この日は、良いお天気

今年に入って一番の陽気だったらしい…。

行きも帰りも汗だくになる…のも少々頷ける気が致しました。

と言ってもこの日の最高気温16度でございます。

朝起きて、早速、ウチのお嬢ちゃんと遊んでしまいました
画像

紐の先をじ〜っと見つめて…。
動きを探っていたりする
しかし、暫く放置しておりましたら…間もなくお向かいのお坊ちゃんがやって来た。
で、リビングに入るや否や…。
画像

猫まっしぐら…。
いきなりカリカリを食べ始めていたりする
因みに…カリカリの方は、モ○プチの白魚入りだったりする。

我が家を出て、この日は石川、中野川方面へ…。
今回のタイトルは『亀田川奇行』な〜んて言ってますが、『紀行』と言う程の事でもないんで…。
敢えて僕の行動に合わせて『奇行』にしちゃっいました次第
それはさておいて、石川沿いに入った矢先でありました。
画像

暫くお見掛けしなかったツグミの小群にお会いしました
そう言えば、雪があった頃…撮らせて頂ける程の御縁は無かった様な?
とりあえずツグミ達は、そろそろ北上の御準備段階なんでしょうなぁ…。
休耕田のあっちこっちで採餌してる仔もいれば、陽気が気持ち良いのか?すっかりのびのびしている仔もいたりする。

少し先に進んで行くと…。
欄干上で囀る懐かしき声…。
画像

ホオアカがやって来ておりました
しかし、今まで囀っていた草地はほぼ更地状態になっておりまして…。
今季は、どの様になります事やら全く見当も付きませんのであります
まだ他に草地と呼べる箇所はあるのですが、完全に壁で囲まれた私有地なので侵入はちょっと出来ない。

石川沿いを抜けてから中野川へ…。
いつもの病院の駐車場のちょっと手前でした。
初っ端でモズにお会いしたので、飛ばしてしまったモズを探すと見せ掛けて…
画像

小さい松林にお隠れになっていたコウライキジを焙り出す格好になっちゃいました
まぁ…キジも鳴かずば何とやらだったんですがね。
鳴いていなければ、見付からなかった…と思います。

肝心のモズは、ちゃっかり松林の側におりました。
画像

今季もこの周辺あたりで、子育てに勤しむ事だろう?
今は、とりあえずそれに耐え得る体力作りが先かも知れません。
あっちこっちに留って見せては、地面と木の枝を往復と言った具合でした

病院側でございます…。
何時ぞやの猿轡状態のコガモを探しましたが、おりませんでした。
ひょっとすると何かの拍子で外れたのかも?知れません。
画像

個体を間違っていなければ…のお話ではありますが
男子二羽、女子二羽それぞれ異常は見られませんですよ
とりあえず楽観的にそう言う事にしておきたいと言う願望もあったりする。

暫しコガモ達をじっくり見ていた間…。
画像

何時の間にやらカラ類の小群が来ておりました。
詳細は、シジュウカラとヒガラだけでしたが…。
際立って目立っていたのは、ヒガラの方でございました。
この間…ウグイスやアオジをお見掛けしておりましたが、華麗に逃げられました

この後、産業道路をズカズカ通り抜け亀田川沿いへと向かう事にしました。
亀田川沿いにある公園に着くや否や…。
サメビタキにお会いしたのでありますが、これまたひょんな油断から民家の庭先に飛ばれてしまいました。
それ以前にサメビタキが出て来る事まで、考えちゃおりませんでした
そのまま素直に亀田川沿いの遊歩道を下って行く…。
画像

この時点でお見掛けしたのは、川縁でぐっすり爆睡してるカルガモ達の姿ばかり…。
おまけに警戒心ほぼ皆無に近いと来たもんで、ここではいつも通りの状況なのか?
他の所なら少なくても一羽くらいは頭を上げて警戒している物ですがね…

そして、ちょっとコースを外して五稜郭公園へ…。
大分、桜の蕾は大きくなっておりました。
あとは開花を待つだけでございます。
タワー周辺では、花見シーズンに向かって準備中でありました。
のんびりお堀の周辺を歩いておりました所…。
カイツブリが潜ったのを確認したので、待っておりました。
しかし、潜っちゃうと息が長いんだか?なかなか姿を見せないんですわ…。
そのままじーっと待っている間にオオセグロカモメが二羽降り立ちました。
画像

二羽がお堀で泳ぐや否や…片方の動きが、なんだか甘えた行動に見えたりする。
雛が親鳥におねだりしてる行動と一緒だったりする。
ひょっとして?夫婦なのかも?
何れにしてもカモメ類のコロニー化は今季も避けられそうにない現実はある…と思います。

園内の桜の枝先では…。
画像

スズメがあっちこっちで鳴いておりました。
石垣に覆われている土塁に周辺は特に…。
恐らく、適度な石垣の隙間を見付けて巣を構えている事だろうと思います

賑やかなスズメの声はお構いなく…。
画像

土塁の上でのんびりこの日の陽気を満喫するようにウミネコがで〜んと休んでおりました。
あんまりにも近くで堂々とし過ぎてて…思わず撮ってしまっただけなんですがね

暫く園内を散策しますと…。
画像

ほんの証拠程度でありますが、イソシギが来ていたりする
ゆっくり撮ろうと思ったら、他のお散歩客に気付いて逃げられてしまったのであります

イソシギ逃亡後…。
何やら白いのがひらひら飛んで来たと思いきや…。
画像

ハクセキレイでありました
タダのハクセキレイでありますが、侮る事無かれでございます。
この周辺のハクセキレイは、石垣にキツツキみたいに留って見せる事もあったりする。
そう言えば、亀田川下流域の連中もその様な事をする事を思い出しました
意外な器用さを持っていると思いますです。
ヒタキばりのフライングキャッチもしますしね{%キラキラwebry%

この後、園内散策は程々にしまして再び亀田川沿いへ戻るのでありました。
園内が面白くなるのは、桜が咲いてからだと思いますですよ…。

亀田川沿い復帰後のお話は…また後程書かせて頂きたいと思います。
ではでは…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今年もおかえりなさい♪
火曜日(4月23日)の事でありました。 ...続きを見る
へなちょこ鳥見男の戯言。
2013/04/27 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀田川奇行 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる