へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 懲りもせずに大野川に寄り道してみた♪

<<   作成日時 : 2013/05/17 20:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

三日前(5月14日)の事…。

弊ブログ記事『我、八郎沼に行かん』の続きからでございます。

さて、ある程度、八郎沼での鳥見を終えたので車に戻る所でした。
沼の放水路と言えば良いのかな?
その柵の上にキセキレイが留ってくれました
画像

何処ぞの近所の川にいる連中と違って、少し余裕がある。
目の前でカリカリ…体を掻いていたりする〜
この仔の相方は、直ぐ近くで採餌に勤しんでおりましたがね…。
相方に気付かれ騒がれた途端に逃亡…でした。

杉林に差し掛かる…。
アオジ以外に黒い物体がちょこちょこ…。
画像

やっぱりクロジでした
何度かアオジと一緒に見てるとクロジって大きい様な気がします。
某会の図鑑で見れば、アオジ16センチ、クロジ17センチってなってますが…。
たかが1センチでこうも大きさの違いをまじまじと感じさせられます。
やっぱり…クロジの黒っぽい色が余計大きさを際立たせているせいもあろうか?と思いますが

途中、池と言えば良いのか大きな水溜りと言えば良いのか?
通る度にちゃぽちゃぽ…何か飛び込む音がしていたので気になっておりました。
帰り際にその正体に気付かされました。
画像

ウシガエルでござる〜
それはともかく意外と堂々としておりましたわ〜
僕に気付いて水に飛び込むと思っていたんですが、日向ぼっこ優先?みたい。
しかし、まだも〜ぅも〜ぅ…と小五月蠅くなるのはもうちょっと先だと思います。

そして、八郎沼での鳥見で終始振り回してくれました。
画像

このオオルリ…そっぽ向いて見なかったフリしてます。
とっくに僕に気付いていた癖に…
ちょっとでも距離を詰めようなら、さっさと逃げる気満々…でした。
きっとワザとだ…


車に戻って、そのまま…上磯漁港へ直行しました。
七重浜は、丁度引き潮でございます。
画像

漁港から戸切地川側の浜を見るとオオセグロカモメがあっちこっちに落ちている御馳走に群がっておりました。
恐らく漁のおこぼれでしょうね?
どう見ても人間様が食えそうな代物ではありませんでしたから…

上磯漁港を起点にして、戸切地川と大野川周辺を歩いてみる。
戸切地川に至っては、ちょっと寂しい…。
マガモが数羽とキアシシギが二羽いる程度でした。
さっさと戸切地川河口に向かっておりましたら…。
画像

テトラポッドの上にキアシシギが留ってくれて、オヤジの海状態でした。
若しくは、海に向かって『バカヤロ〜』かな?
そんな戸切地川河口の沖合には…。
画像

シノリガモのカップルが仲睦まじく泳いでいたりする
もうちょっと近くにいてくれれば、良かったんですがね…残念

大野川河口に向かってそのまま歩く…。
とりあえずカモ達やカモメ類は軽くスルーさせて頂いて、前回…クビワキンクロを撮った橋の上でありました。
画像

中州の側でアオアシシギが餌を探しながら闊歩しておりました
何時見ても体の割には忙しいと言いますか…落ち付きが無いと言いますか…。
それが意外と可愛らしい
ちょっと中州に近寄った所を見計らって撮ってみました。
画像

川底にはしっかり…アオアシシギの足跡が
シギ程度の体重で足跡が付くって事は…僕なんか歩いたらズッポリハマって動けなくなるとか?
まぁ…そりゃないか?そこを歩く機会も無いだろうし、実証する気も無いですから

そして、ちょっとスルーさせて頂いたカモ達です。
画像

川にいたのは、キンクロハジロとホシハジロでした。
カルガモもちょこちょこおりましたが…。
何故にこの方々?と言うと…実は、この日もある筋からクビワキンクロの目撃情報がありまして、気になった次第です。
残念ながら僕は、会えませんでしたけどね
まぁ…敗因はタイミングの問題だろう?と思います。

大野川を離れて、軽く大野平野を流して帰宅の途に就きました。
その帰り道に通った久根別川沿いでした。
こう言う時は、左ハンドルの車の優位性に感謝であります。
画像

川をひょいひょい泳いで遡上して行くカワアイサ男子をあっさり車内から撮れたりする
下手に降りてたら、間違いなく逃亡…だったであろう?と思います。
まぁ…それでも彼は、僕に気付いて気にはしていた様ですがね

と言った感じで、この日の鳥見は終わったのでありました。

余談ではありますが、ここ二日程、出勤すると鳥の痛ましい姿をお見掛けしました。
お亡くなりになっていたのは、先日と先々日の二日で、センダイムシクイ四羽でした。
原因は、会社の窓にぶつかってのパターンでした。
先日は、同じような状態でキビタキを見付け保護して放鳥しました。
放鳥した先に丁度良い具合にコサメビタキがいてくれて、一安心…。
放鳥したキビタキが僕の手から離れて僕の頭の上を軽く回って飛び去ったのが印象的でした。
なんだか…ちょっと嬉しくて泣けそうでした。
鳥の方が人情を理解している気がしましたです。
ここ何日かで見られる鳥が一気に増えた気が致しますが、建物の窓etcに当たって運悪く命を落とす仔がいる事も忘れちゃ行けませんですね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
キセキレイを初めて見せていただきました。綺麗ですね。今日は松倉川に行って来ました。クロツグミ、オオルリを写真でゲット。帰りに中州の上を低空で飛んでいる大型の真っ白な鳥を発見。上空に舞い上がったその鳥を見ると、羽の半ばから先端が真っ黒でした。もしかしたら「ソデグロヅル」でしょうか? 上流に飛び立っていってしまいました。この欄は写真が貼れないのですね。以前のように鳥の掲示板があれば写真をアップしてお聞きできるのですがね。
お玉
2013/05/21 16:36
お玉さん
こんばんは
キセキレイは、ちょっと警戒心強いのでハラハラでした。
松倉川に行って来られたんですね?
クロツグミ、オオルリを撮ったと言う事は…。
ちょっと上流寄りでしょうか?
それはさておいて…凄い鳥に会った様で?
写真が見られない状況だと断言出来ませんが、ソデグロヅルを疑っても良いと思います。
ただちょっと時期的な問題もあるので、僕の個人的願望も含めてですが…
そう言えば、お玉さんサッカーの掲示板続けてませんでしたか?恐らく、そちらから追い掛けてお玉さんのアルバムを見る事は出来るかも?と思ったのですが…。
どてちん28号。
2013/05/21 21:21
よく分からないので「道南の野鳥だより」というスレッドを立ち上げてみました。よろしくお願いします。
お玉
2013/05/22 15:38
お玉さん
了解しました
後程、ゆっくり書き込みに行きたいと思います
どてちん28号。
2013/05/22 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
懲りもせずに大野川に寄り道してみた♪ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる