へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり飛び物は手強いでござる。

<<   作成日時 : 2013/05/30 19:59   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の土曜日(5月25日)の事でありました。

この日の午前中は、鳥見仲間と我が家の近所のコンビニで待ち合わせをしまして、四季の杜へ行って来ました。

しかし、天気は雨が降ったり止んだりの生憎の天気

鳥の出もイマイチ…と来たもんだ。

二人で石川、中野川沿いを歩いて鳥見をしつつも…。
僕のカメラのお出番が来たのは、四季の杜へと向かう道と未来大学へ向かう道の交差点近くの畑でした。
画像

小雨降る中でもホオアカが囀っていたりする
天気が悪くても元気な事は良い事だ

何だかんだで、四季の杜に着くも…。
すっかり落ち着いたと言うのもあると思われますが、出て来る鳥もほぼベタな状況…。
あの…一日にドカッと見られた日の趣は全くないのであります。
里の森のあずまやの近くで声がしたので軽く張っておりましたら…。
画像

エナガの小群が出て来てくれました
そう言えば、エナガをカメラに収めたのは久々…だったような?

カツラ広場の近くでの事…。
オオルリにお会いしました
画像

この写真だとハッキリしないのでありますが…
まだちょっとばかり小僧っ気の抜け切らない男子でありました。
それでもしっかりカミさんは、いらっしゃる
見付けた時は、女子も一緒でしたから…。

四季の杜をある程度、二人で歩いたものの…。
やはり鳥の出は、少ない方でした。
天気も冴えないし、相方も用事があるとの事でさっさと四季の杜を離れる事になりました。
その帰りの中野川沿いでありました。
画像

ふと見るとカッコウが留っておりました
この時点で、カッコウも僕等の存在には気付いていなかった模様…
流石にちょっと距離を二人で詰めてみようと試みたら、やっぱり気付かれちゃいましたけど
何だかんだ言ってもこの日は、カッコウやツツドリに御縁があった様な気がします。

中野川沿いを抜けて、函館新道から石川沿いに入る所でした。
近くの畑の路上でヒバリが闊歩しておりました。
僕が撮った時点では…。
画像

畑の方に戻っておりまたが…。
路上のヒバリで思い出すのは、そろそろ…草刈りの時期がやって来そうな予感だったりする。
新道沿いで草刈が入るとハクセキレイやらヒバリがちょこちょこ路上に出て来るんですわ…。
餌探しに困らん事を承知していたりする訳だ。

石川沿いを抜けて函館新道を横断しようとしていた所…。
画像

空き地の看板の上にはノビタキが…。
一つ気の毒なのは、この周辺が別な意味で賑やかな事だったりする
明らかに開発行為なるものが入っているので、平穏な暮らしはちょっと厳しいかも?しれない。

待ち合わせ場所であったコンビニでお別れして、僕も一度我が家へ帰宅しました。
画像

我が家に着くとウチのお嬢ちゃんが、窓辺でお外観察の真っ最中…。
ずーっと見た所で、人通りがあるとも思えんのでありますが
しかし、何だかちょっと…仏頂面だったような?気がしないでもない。

昼食後、再び鳥見に出る。
ちょっとだけ大野平野を徘徊してみる事にしました。
田圃には、既に水が入っている所も散見されました。
しかし、鳥の方は…さっぱり
久根別川沿いを走って、ちょっと最近気になるポイントに寄ってみる。
天気が悪い御蔭?と言えば良いのか?
アマツバメが久根別川上空を2〜3羽飛んでおりました。
そこで、アマツバメを撮ろうと画策…。
画像

ははははは…
何とかアマツバメは追えるものの…やはり僕如きのカメラワークでは無理がありました
撮っても所詮こんな↑もんです
やっぱり手強いですわ〜

それから、さっさと七重浜方面へ…。
さて、ここは…セメント工場のパイプラインが見える浜でございます。
画像

浜沿いをてくてくとキアシシギが歩いておりました
しかし、気付かれて逃亡するのも早かった…
参ったなぁ…と気落ちするのは、この時点では尚早ってヤツでした。
ってな事で、この場はサラッと…流しておきまして
国道を歩いて大野川方面へと歩いていたら、ミサゴが飛んで来ておりました。
観察する事、数分もしない内に戸切地川に架かる橋の側でした。
画像

思いっきり僕の頭上近くまで飛んで来てくれました
撮ってみて、後々気付いたのでありますが…。
ミサゴの視線は…思いっきりカメラ目線だった
この後、僕の頭上からすーっと離れて行ったのでありますが、戸切地川河口に差し掛かった際に獲物をゲットさっさと山の方へと飛んで行くのでありました。
因みにその時の獲物は、多分…ボラだと思います。

戸切地川から大野川河口に出ました。
カモメ類が溜まっている河口近く…。
流石に近寄るのは、遠慮させて頂いた。
一気に飛んでしまうのは目に見えていたので…。
画像

それはさておいて、少数派ながらもユリカモメが10羽前後…。
大方は、まだまだ小僧っ気の抜けない若い個体ばかりでした。

河口から少し遡ると…。
キンクロハジロが四羽程頑張って残っていたりする。
しかし、よ〜く見ると四羽以外にもう一羽変なヤツがいる。
ホンの証拠程度でありますが…。
画像

オカヨシガモでございました
しかし、申し訳ないのだが…あまり綺麗な個体とは言えない。
ついでにもう少し距離を詰めようと試みたら、さっさと逃亡されたのが痛かったのであります

水門くらいまで歩いてさっさと踵を返して河口から海を見ると…。
画像

シノリガモがおりました
御丁寧に2ペアであります。
しかし、相変わらず彼等との距離は遠い…。

車に戻ろうと戸切地川沿いを歩いておりましたら…。
画像

全部入り切りませんでしたが、キアシシギ12羽と会えました
多分、さっきのキアシシギも一緒かも?
ただ悔やむ事がもう一つ…この群れの中に撮る直前まで、イソシギも混じってたんですよ。
今季は、まだまだイソシギに嫌われている模様…です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり飛び物は手強いでござる。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる