へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 小雨降る七重浜…。(その二)

<<   作成日時 : 2013/05/06 22:51   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日(5月4日)、小雨降る中の鳥見でした。

七重浜海水浴場から久根別川河口へ来た所でありますが…。
満潮時の恩恵なるもので燦々たる状況でありました。
画像

早い話、コチドリ一羽に手こずってしまった訳で…
時間をかなりロスってしまったのであります
まぁ…またゆっくり撮る機会はあるだろう?と言う事で、さっさと大野川河口へ行く事にしました。

大野川河口に着くや否やの事でした。
初っ端に見た感想は、パッとしませんなぁ…だったんですけど、河口方面に行くとまたズブズブとハマってしまう事象に陥ったりする
画像

それもこれもセイタカシギの御蔭だったりする〜
久々に鳥見を再開して、もう数年でありますが…。
急にセイタカシギと御縁が出て来たような気がします
因みに…ある筋からの話では、結構前から来ていたらしい。

とりあえずセイタカシギは放置プレイさせて頂きまして…。
画像

すっかり夏羽にお変りになったユリカモメでございます
地形が変わってしまった今現在…ちょっとお近付きになるのは難しくなりました。
おまけにこの群れをオオセグロカモメやセグロカモメ、ウミネコが覆っているような感じなので…。
ちょっと寄った途端に彼等の反応に呼応するように一気に飛んでしまうから厄介だったりする

さて、セイタカシギを放置してしまったので、続きを…。
先まで、河口付近にいた仔は暫くすると川岸に引っ掛かってると思われる流木の上に留っておりました。
初っ端一羽だけ…と思っていたら、実は二羽だったりする
一度ならず二度美味しい場面を…。
画像

ホシハジロと仲良く寝てるセイタカシギでございます。
しかし、カモの勘は冴えていたりする…。
この後、僕の視線を感じたのか?ホシハジロはさっさとその場を離れて行きました。
ちょっと調子に乗って、更にお近付きさせて頂く事にしました。
ちょっと近寄った矢先の事…。
画像

まだ寝てるセイタカシギの横にイソシギが歩いていたりする
なんだか…イソシギがコソ泥のように見えてしまう
そして、恐らく近寄っても限界ギリギリくらいでありました。
画像

流石に片方が起きてこちらを見ておりました。
不思議そうな顔して…。
もしかしたら『何見とるねん』だったのかも?と思いますが…。

セイタカシギとお別れするのは名残惜しい気もしましたが…。
このまま戸切地川へと足を進める事にしました。
この日の戸切地川は、やはり満潮が関係しているのか?さっぱり…でした。
画像

この川の定番であるカワアイサもこの彼と女子の一羽ずつとセグロカモメ、カルガモ、ウミネコと言った具合で、川沿いの桜の木には、ムクドリ、スズメがいる程度でした。
さっさと見切りを付けて上磯漁港へ行くと…。
画像

漁港内にいたのは、オオバンでした。

それから、パイプラインの見える浜へ行くと…。
画像

数こそは、大分少なくなりましたが…。
カモメがまだ頑張っておりました
あんまりまじまじと見た事は無かったんですけど、カモメの夏羽もこうして見ると綺麗かもしれない

この後、小雨とは言え…この日の鳥見を切り上げる事にしたのでありますが
帰宅後に思わぬ事になっておりました。
それは、また後程書きたいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小雨降る七重浜…。(その二) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる