へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS モヤモヤ…鳥見

<<   作成日時 : 2013/06/11 19:47   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

土曜日(6月8日)の事でした。

この日は、鳥見仲間のふ〜さんと待ち合わせしまして…厚沢部川方面へ。

そう言えば、ふ〜さんと鳥見に行くのは二回目でございます

それはさておいて、出掛けはちと曇っていたのでありますが…。
時間が経つと共に晴れ間が…。
思いっきり天気予報の通りの展開でした

天気が良いのは構わんのですが、いざ目的の場所に着いてみると…。
ピーカン過ぎるくらい晴れちゃったりする
画像

その甲斐あって、遠くの岩場で愛の小部屋をしちゃってるミサゴもスコープで見る分には全く問題無かったりする〜
とりあえずこの日の目的の一つは保険的意味合いも含めて達成したのでございまする。

さて、ミサゴも拝んだ事だし…。
厚沢部川河口方面に行きましたですよ〜
すっかり晴れちゃって、ある意味嫌な感じはするものの…。
周辺は、コヨシキリの合唱状態…。
撮ってみれば、ちょっと背景悪いのか?
ボツ製造に励む結果に陥っていたでござるの巻…
とりあえず浜寄りを二人で歩けば…。
今度は、チドリだらけ…。
見掛けるほとんどが、シロチドリだったりする。
で?撮ってみれば、これまたボツ製造…
双眼鏡で見て判るくらい空気がモヤモヤと動いているから、ロクな事ない。
下手すりゃ…同定するのも一苦労でありました。
ちょこっと小休止した後も河口周辺を歩いておりました。
肝心のミサゴが出て来ちゃいない…。
画像

割と近くで採餌に励んでいたハクセキレイですら…。
実は、この様だったりする。
単にピント外しちゃった感も拭えませんが…

小休止後は、草ぼうぼうな箇所を歩いてみる。
出てきてくれる鳥は、まぁ…想定通りでした。
画像

ノビタキに勿論お世話になりました
な〜んぞとあっちこっちに出まくるコヨシキリやちょこっと出て来るオオジュリンやホオアカ相手にしている真っ最中にミサゴがやって来ていたりする〜
ふふふっ…読み通り
ぽちゃっとミサゴが飛び込んだと思われる方向に行ってみると…。
意外と近くに舞い降りていたりする
しかし、相手は猛禽さんですわ…バレない訳が無い。
画像

小振りな獲物を持ってそのまま飛び去るのでありました
またここに来る事は近い将来、企んでいるので、その時はたっぷりと堪能させて頂こうと思います。

さて、この日一番の鳥見の貢献者…。
画像

ゆっくり待って撮るのも良かったんでしょうけど、あっちこっち出て来てくれるもんで目移りしまくった結果でした。
この日は、返ってオオヨシキリに会う事の方がレアに感じるくらい。

流石に腹の方もお留守になりつつあったので、厚沢部川河口を離れて江差町の鴎島へ…。
軽く昼食摂って…。
島内散策…。
画像

丁度、スズメがあっちこっちと飛び回っているので撮ってみたのですが…。
実は、この構図…失敗だった。
立て掛けてあった錨の上に留っていた現場が可愛かったのでそれを狙ったんですけどね…。
二人して…

それはさておいて、鴎島を歩くと…。
画像

ウニが見えちゃったりする。
何だか知らんが…食った後の残骸も転がってた様な?
とにもかくにも綺麗な海は、何時見ても良いですわ
で?島内散策した所で、イソヒヨドリどころか…。
ハクセキレイアイランド状態でしたわ

それから、江差町を離れて木地挽(きじひき)高原パノラマ展望台まで…。
カーブが続く道路を走っていると道端に動く物体が…。
通り過ぎ様に見るとオオジシギ親子でした〜
が、既に時遅し…。
車を停めてまで見る余裕なんぞありませ〜ん
しかし、車内から垣間見る親子愛には感動しました。
ちゃんと雛を安全な所に誘導しようとしている親の姿だけは目に焼き付いておりますです。
しかし、展望台に着いてみれば、ただ絶景だけ…。
画像

函館スルーな新幹線の線路がくっきり…見える。
駄目元承知で、匠の森へ行ってみるも…。
こちらもほぼ閑古鳥…セミの声だけ際立って聞こえる。

そして、八郎沼へ行ってみる。
行く途中でちょっとグロいものを見てしまいましたけど
是非とも悲しい現実を作らん様にドライバーの皆様気を付けて頂きたいと思ふ次第…。
沼に着くや否やの事…。
割と近くでアリスイの声…。
声がする木の梢を探すとしっかりおりましたです
画像

『もうここは、おらっちの場所』とでも言わんばかり…。
梢のガキ大将…とでも言えば良いんでしょうかね?
こんな形でお見掛けする機会が多い時期ですな…。

沼周辺を二人で歩くも…。
早い話…撃沈でした
見れそうなものは見ましたけど…撮るまでには至りませんでした。
えぇ…アリスイ以外は

八郎沼を離れ最後に西桔梗方面へ…。
僕が知るコヨシキリポイントを軽く触れて解散したのでありました。
そう言えば…暫しこのポイントをゆっくり見ていなかった様な?と思ったのは後日の事でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何と贅沢な散策だったのでしょうか、、ミサゴを筆頭に次々と登場、そして締めはアリスイですか素敵な1日でしたね。
三太郎
2013/06/15 15:22
三太郎さん
いやぁ…地面が温まって空気がモヤモヤしていた事だけが、頭痛の種でした
それでもこの日一日で見た鳥の種類は、緑濃い時期の割にはたくさん見た方かな?と思います。
それはさておいて、ミサゴの方は近い将来にもう一度行こうと画策中です。
その頃には、シギやチドリの方は、もう少し充実しているかも?知れませんです
どてちん28号。
2013/06/15 16:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
モヤモヤ…鳥見 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる