へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS チュウシャクシギとソリハシシギの洗礼Σ( ̄ロ ̄lll)

<<   作成日時 : 2013/08/28 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

先日(8月27日)の事…。

満干潮時刻を気にせず早起きして鳥見に行こうと画策していたら…。

見事に寝坊…

今の今まで、楽ちんしてた天罰が下りました

でも、今現在の鳥見のスタンスをブレさせる訳にもイカんので、性懲りも無くシギチ狙い。

と言う事でスタートダッシュが遅れたので、平野の方でのんびり構えてから七重浜に行く事にしました。

さて、平野のポイントに行く途中…。
ほぼ七飯町と函館市の街境でありました。
画像

トウモロコシの畑でも賑やかなスズメ軍団
普段は、カワラヒワ軍団に押され気味なのにこの日は、スズメの独断場でありました。
子育て一段落と言ったところでしょうか?ここの所、群れで動いてる仔がホンと多い。
まぁ…スズメも渡りをするそうですしね。
幾ら普段見慣れていても馬鹿にホンと出来ないです。

一旦、久根別川の中流域を見回して見ましたが…。
派手に降る一過性の雨の御蔭か?川は増水気味…。
あんまりシギチは、期待出来なかったりする訳で、さっさと田圃の方へ…。

田圃を見るとすっかり水抜きされつつある箇所が多くなっていたりする。
ここ何回か通って来ましたが、そのせいか?
妙に多く見られたハクセキレイの若造軍団のお姿が、気持少なくなった様な気がしました。
そして、相変わらずタシギの見事な隠れっぷりに翻弄される始末…
なんぞと思っている内にポイントに着いていたりする。
ちょこっと車を置いてコソコソ…歩く。
流石にここも例外無く水を抜いている模様でしたが、ヒバリシギ、コチドリ、トウネン、タカブシギと言った面々が徘徊しておりました。
しかし、撮れたのは…。
画像

ちょっと遠間で狙ったヒバリシギのみ…。
残りは、逆光を避けようとした時点で、勘付かれて散り散り…。
やってもうた…

それでも諦め切れないので、ポイント近くを少しばかり徘徊しましたですよ…。
しかし、お見掛けするのは、畦道のど真ん中で堂々と突っ立ってる。
画像

アオサギ達でした。
まだ畦道のど真ん中は可愛い方で、水路やら水稲の陰に隠れてる仔達とはちょっとしたモグラ叩き状態。
的はかなりデカいんですがね…。
用心深さが強烈過ぎて、ほぼ…ボコボコにしてやられております。

しかし、この日も暑かった…。
大分、それでも涼しくなった方だと思いたいのですが…。
画像

草陰にすっかり隠れて涼んでいるキジバトを見ていたら…。
やっぱりまだ暑いんだなぁ…とつくづく感じました。
おまけにキジバトの足元には、ちゃんと水路があって立派な避暑地になってますしね…。

ぼちぼち海側へ移動して、七重浜海水浴場…。
未だに海水浴に来てる人いるんですけど、お構いなしに突き進む…。
歩いてみれば、所々…トウネンだらけ〜
画像

これで、当分…浜での鳥見で悩む必要がなくなりました。
この仔達の群れだけでも十羽以上楽におりましたから…。
で、慰霊碑方面に進んでいた所で鳥見仲間にバッタリお会いして、軽くおしゃべりしました。
勿論、情報も軽く頂戴致しましたですよ。
しか〜し、百聞は一見に如かずと言うではありませんか?
さっさと久根別川河口へ出向きました。

久根別川河口を歩き始めた途端…。
いきなりやられました…。
チュウシャクシギがお隠れしておったんですよ。
そうとは、知らずにズカズカと歩いて逃亡を許してしまったら後の祭り…。
呆気に取られつつも浜へ向かうと当然の事ながらトウネンがちょこっといたりする。
しかし、そこには恐怖のおまけ付き…。
そう…そのトウネンの群れには、ソリハシシギがちゃっかり入っていたりする
当然、遠間から気付かれてトウネン諸共あっさり…逃亡。
凄い警報機役だったりする
どうしようも無いので、さっさと引き上げる事にしましたら…。
情報通りキアシシギもおりました。
二度ある事は三度あるってヤツで、これまたあっさり逃亡…。
更に止めの四度目を食らう。
四度目は、ハマシギでした。
しかも性質悪い事に逃げ込んだ先は…。
画像

ウミネコとオオセグロカモメの群れの中…。
この写真のずーっと奥だったりする訳で、その奥にはウミウまでいらっしゃる状況でした。
残念ながら近寄る以前に爆撃に曝される危険性大でございます

その後、陣地点々としまして大野川河口…。
ここもウミネコ主体のカモメ絨毯でした。
今季は、随分、カモメ類が群れてる箇所が広かったり多かったり…。
そんな印象です。
とりあえず多少の覚悟を決めて強行してみました。
休んでいる所、ホンと悪いかな?と思いましたが…。
やっぱり強行突破して良かった
画像

ちょっと遅かった感がしないでもないですが、ユリカモメが入っておりました
と言っても『まだまだ小僧よのぅ…。』って、仔が二羽だけでしたけど…。

それから、ちょっと個人的に思う所がありましてこの日の鳥見はここで打ち切りにしました。
我が家へ戻り自室に向かうと…。
画像

珍しくウチのお嬢ちゃん僕の部屋の前で寛いでおりました。
しかし、これを見るからに…なんか態度が大きく見えちゃうのは気のせいか?
『おかえり〜』と言ってくれてるより『おぅ帰ったのか?』って感じが致します。

と言う事で、今度の鳥見は…ひょっとすると浮気すると思います。
狙いは、シギチである事に変わりはないんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チュウシャクシギとソリハシシギの洗礼Σ( ̄ロ ̄lll) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる