へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニャ政婦は見た♪

<<   作成日時 : 2013/09/23 20:37   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の火曜日(9月17日)の事…。

久方振りに四季の杜へ行く事にしました。

そう言えば、あっちこっち浮気しまくったんで春以降行っておりませんでしたなぁ…


この日の朝のウチのお嬢ちゃん
画像

朝夕の冷え込みを感じるのか?
ここ最近、母の布団の上でぐっすり…
ちょっと頭を撫でに行ったら、むにゃむにゃ…。
『あと…五分〜』とでも言いたい感じ
まるで、目覚まし二段構えの普段の僕みたいですよ…とほほ

サクサクと身支度した後、さっさと我が家を出まして、いつもの川ルートを通って行きました。
さて、石川の川沿いに入る手前の元草地…。
画像

遺跡云々で何やら建つ予定があったのですが、すっかり頓挫している模様…。
まだ草地の体を成してる箇所は、すっかりスズメの団地状態です。
時折、一部駐車場になった箇所に出て来て大物ゲット〜
とちょっと誇らしげだったりする
団地の住民は、ほとんどお若い仔ばっかりだしね…ちょっと気持ちが解るかも?

石川沿いを抜けて中野川沿いを歩き始めた所でした。
シメの声がすれども相変わらずの警戒心でありまして、なかなか撮る機会が得られません。
そんな折、なんとなくシメ達が集っている箇所を見付けましたが…。
見事に肩透かしを食らいました
でも、その周辺を縄張りにしてる…。
画像

モズ達は、かなり久々なのに健在でした
ちゃんと夫婦揃って…。
今年も無事に子育て出来たのかな?

モズ御夫妻にも会えた事だし、先を少し急ぐ事に致しました。
シメは、ちょっと悔しいけれど…あの餌場がある内は大丈夫だろう?
ってな訳で、サクサク進んでいた所で…。
画像

コムクドリにお会いする。
いや…撮る機会がありました。
近くにヒヨドリ達もいたんですけど、ヒヨドリの警戒する声もなんのその…。
目の前に僕がいてもへっちゃらだったりする
普段ならさーっと群れで飛んでっちゃうのに…。
この辺は、ある意味ムクドリと大差ないんですけどね
本家ムクドリの警戒心よりは、ちょっと緩い感じなんでしょうな。

そのまま川沿いサクサクと進んで、四季の杜に辿り着く。
当然、所々…足止め食らいましたけど、見る事はあっても撮る段になると全く撮らせて頂けない。
それは、四季の杜に入ってからも一緒でした。
とりあえずこの日は、小川の里と里の森ゾーンをグルグル徘徊しました。
鳥の声を頼りにグルグル徘徊すると…。
画像

ドングリを食べてるカケスをなんとか撮らせて頂いたりする
そう言えば、四季の杜に着くや否やの事…。
物凄〜く下手なクロツグミ若しくは、アカハラの囀りを聞きましたですよ。
今思えば、やっぱり…ですね
流石に猛禽の物真似は、この日はありませんでしたけど…。
そろそろ騙される日も近いかもしれませんです。

更にグルグル徘徊しておりましたら…。
カラ類の混群の声だけには、しっかり当たりますですよ。
当然、混群の中には…。
画像

ゴジュウカラもいらっしゃる〜
と言ってますが、この日…散々、嫌われてました
嫌われたと言うよりは、タイミングが合わなかったんですけど…。
何れにしてもちょっと近しい関係になるには、もう少しお時間が必要な様で…

更に園内グルグル徘徊を続けておりました所…。
画像

降って湧いたかのようにキビタキ男子に会えました〜
見掛けないであろう?くらいのつもりだったんですけど、まだまだ御健在でした。
でも、子育ての時期は終わってると思うのですが…。
この後、彼に行く先々で暫くディすられてた様な気がします
怒られそうな事をした覚えは全く無いんですが、まだ縄張り守っているとか?
うーん
も・もしや?僕の存在自体が『セクハラ』だとか?

それはさておいて、昼前になった所で四季の杜をさっさと離れる事に致しました。
実を言うともう少しゆっくりしていたかったのでありますが、公園整備でブロワーやら刈払機の音が豪快に聞こえておりました上に散策されるお客様が意外と多かったりしたんで、戦術的退却を決め込んでしまったんですよ。
ってな事で、我が家へ川沿いルートを逆戻りで突き進む…。
その途中…。
草にすりすりしてる猫に会いました。
画像

僕に気付くや…姿勢を低くして草の間からじーっと見つめて来る。
なんだか観察されてる気分
思わず…『家○婦は見た』を思い出してしまいました。
でも、僕…バイオレンスな事してませんよ〜
寧ろ見られてると言う事自体は、お互い一緒だとは思うけれど〜

そして、何だかんだで我が家へ着いてしまった…。
リビングに行こうとしておりましたら
画像

お向いのお坊ちゃん階段で待機中…。
その変な物見てる様な視線やめてくれんかな?
そもそも彼が階段でのんびりしてる事自体珍しいくらいなんですけどね…。
時々、階段でウチのお嬢ちゃんと運動会してる事があるくらいで…。

少し装備を外して、軽く昼食を摂りましたですよ。
で、このままこの日の鳥見を終わらせる気は更々ありませんでした。
ってな事で、午後から七重浜方面へ…。
車に乗り込みさっさと向かったのでありますが、ちょっと鳥見するには不利だった感が拭えない。
満潮プラス波高でした。
なかなか肝心のシギ・チドリの姿は見えなくて、少し焦り出した矢先…。
画像

ノビタキがひょっこり姿を見せてくれました
そろそろ渡りの時期ってヤツで、あっち(白神)方面に移動しようとしてる仔かしらね?
夏羽バリバリの頃は、かなり接近して騒いでくれたけど、今はちょっと強敵ですよ。
夏羽バリバリの頃と違って、かなり繊細…。
悲しいけれど、時期が時期ですから〜
じっくり待てば、しっかり近くで撮れる事はあるかも?とは思いますが…。

とりあえず肝心な連中のお姿はさっぱり…なんで、敢えて波打ち際を進んでみる事にしました。
ひょっとしたら見落としているだけかもしれないし…。
と思ったら、全くその通り…
画像

トウネン達が打ち上げられているゴミに隠れてましたわ…。
まぁ…今季もお世話になりっ放しなんですが、この仔達ホンと小さいのに逞しいですわ
満潮、波高プラス風も強い状況なのに普段と全く変わらんですよ。
そんな僕は、天然サンドブラスターの餌食になってるんですがね
帰宅した後に頭ほろったら、砂がボロボロ落ちてきましたわ
それから、大野川河口、谷好浜を経て、大野平野入りしました。

大野平野に入ると…。
相変わらず平野のシギ達に振り回されました。
ホンと我ながら懲りてない。
ついでにオオタカお若様にも逃げられる〜
ノビタキ軍団にもからかわれる。
でも、別な方でリベンジの時はやって来る。
画像

車の直前に飛び込んで来てくれたダイサギでした
流石に下手に前進は出来ないんで、コソッとエンジン止めてスーッとドアを開きつつ撮らせて頂きました。
そう言えば、ダイサギを撮ったのも随分前だった様な?

そんな僕の横では、しれーっと…。
画像

ヒバリがお隠れになっているつもり…でした
もうしつこい様ですが、行動パターンが単純過ぎるからバレバレですわ…。
個体差はあるだろうけど…。

えーっと余談ではありますが、この日、四季の杜でハイタカの立体機動を見ました。
ハイタカが木を蹴って方向転換するのは、カッコいいと思いました
でも、狩りは失敗したのかどうかは判りませんでした
ただ…その場所から然程離れていない所で、小鳥の羽らしき物体がちらちら落ちて来ていた所を見ていたので、割と近い所で食べていたんだろうと思います。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ひばりってこんな鳥さんだったんですね!初めて見たかも・・・・笑
いろんな鳥さんが見られて楽しいです♪
coco
2013/09/23 23:57
cocoさん
コメントありがとうございます
ヒバリって、声は聞く事が多い割には地味な鳥ですよ。
囀る時も肉眼で見えないくらいまで囀りながら高く飛ぶんで見慣れてない人から見たら、『へ〜っ?』って感じなんだろうな…と思います。
どてちん28号。
2013/09/24 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニャ政婦は見た♪ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる