へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 気が付けば…(^^ゞ

<<   作成日時 : 2013/10/24 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

またしても御無沙汰しております。

気が付けば、弊ブログを開始して、4周年とっくの昔に過ぎておりました

一応、開始し始めたのは四年前の10月10日だったんですけど…。

実際に記事を書いたのは、10月12日だったような?

それはさておき、ここ最近…不安定な更新が続いておりますが、宜しくお願い致します



と言う事で、今更ではありますが…。

10月8日のお話でもさせて頂きたいと思います。

さて、この日はちょっと思う事がありまして…。
七重浜方面へ行って来ました。
思う事と言ってもある筋からオオソリハシシギとダイゼンの情報を頂戴したので、是非お会いしたいと思っただけなんですけど…。

サクッと車を七重浜方面へ走らせておりましたら…。
画像

常盤川の上空をアオサギが飛んでおりました。
と言いたい所なんですけど、実は採餌してる所を狙っていたら…。
飛ばれちゃったんですよね

ここで凹む訳にもイカんのでさっさと七重浜へ…。
この日は、七重浜海水浴場から戸切地川まで徒歩で往復しました。
しかし、シギ・チドリの姿は…全く無い。
トウネンですらいらっしゃらない
シギチ狙いの鳥見を打ち切っておいて良かったんだかどうだか?
何となく答えが出てしまっていた感は拭えませんでした。
でも、来るもんはしっかり来ておりました。
画像

シギチではないけれど、セグロカモメがちらほらと…
今季も目が腐りそうなほどお世話になるような気がします。
あぁ…それよりもカモメ識別ハンドブックが欲しい
因みにここは、久根別川河口だったりする。

そして、同じセグロカモメでも…。
画像

標識付きの仔もいらっしゃる。
ナンバーまでは見られませんでしたけど、小さくTOKYOと言う刻印が入っていたりする。
恐らく昨冬にお会いした仔ではないかもしれない。
因みにこちらは、久根別小学校裏手から大野川河口の間くらいでした。

先に触れた通りシギチに御縁が無いまま大野川河口に辿り着く。
砂浜を歩いた割には、ハイペースでありました。
予定よりはかなり到着が早かった。
北斗市の消防署側を見てみると…。
画像

カルガモに混じってヒドリガモがお二つ〜
会えたまでは良いけれど、しっかり見つかっておりました
痛〜い視線がこちらに向かっていた様な気がするのですよ…。
御蔭様で、こちらの暑苦しい眼力が勝っていたのか?サクッと何処かへ飛んでしまいましたけど

大野川に架かる国道の橋から
画像

これまたアオサギがおネンネ中
これでも結構、距離はあった筈なんですが…。
やはり気付かれて数秒後には飛ばれてました。
う〜ん…暑苦しい視線は止めて、生温い視線の方が良かったかしら?

橋を渡って谷好浜を見た後に戸切地川へ…。
もう既に鮭止めが張られておりますわ…。
この日はお客様らしいお客様はいらっしゃいませんが…。
画像

マガモ男子の一部が生殖羽にあともうちょいって感じです。
楽しみだなぁ…

と言いつつも…。
ここで復路に入る事にしました。
再び大野川の橋の上からでした。
画像

ホンの証拠程度でありますが、ホシハジロのペアでありました
やっぱり来るのは早いですなぁ…。
キンクロハジロには敵わないだろうけど…。

それから、ズカズカと七重浜へ復帰しまして…。
サクサク海水浴場方面へと突き進む…。
アッと言う間に久根別川に辿り着いてしまったのでありますよ…。
コソコソと久根別川を覗くと…。
画像

アオサギの若造ちゃんでした。
流石に成鳥と違って(一部例外もありますが)警戒心の薄い事…。
と言いますか…弊記事なんだかアオサギにお世話になりっ放し感が拭えませんですな

で、対岸の方が少々騒がしく感じたので対岸へ…。
画像

この日、唯一撮れたキアシシギでありました
何で騒がしかったか?と言いますと…。
僕に撮られる直前まで、ハクセキレイに追われてました。
ははははは…。
ハクセキレイって…やっぱり何にでも絡むんですな
カラスにもモビングしちゃうくらいだし…。

再び歩を進める事にしたかったんですけど…。
画像

すっかりユリカモメに目を奪われましたですよ…。
この日、なかなか留っている状況に恵まれなかったんで、飛び物をやらせて頂きました。
もうちょっとユリカモメの方にピントが合えば良かったんですけどねorz

流石に足を止める訳にもイカんので先を急ぐ事にしました。
とは言ったものの…。
画像

ノビタキの登場ですっかり足が止まってしまいました
今年の夏は、お世話にあまりならなかったんで…。
今更、お世話になっているような気がしました。
でも、夏場の警戒心と違うんで今時期のノビタキはちょっとした強敵です。
もう何度、逃走を許した事やら?

ノビタキとお別れした後、七重浜海水浴場に置いていた車に乗り込み大野平野へ突入しました。
流石に平野もある意味、平和なもんで…。
カメラのお出番が少ない…。
いやあったとしても撮れない方の公算の方が
そんなの気にせず稲刈りも終わった田圃を見て回ってましたら…。
画像

マガンが四つおりましたですよ〜
シギチがダメでもこれがあるから諦めちゃイカんと常々…思う。
と言ってもここに来てくれるガンの群れとしては、ちょっと寂しい気がする。

ある程度、見終わった後…。
帰宅の途に就くのでありますが…。
画像

途中、随分とサービスが良過ぎるノビタキに会えました
サクッと離れられると思ったんですけど…。
余程、水門の上が気に入っているらしい。
暫しその周辺から離れる事はありませんでした。
結構、食糧事情が良いんでしょうな?


我が家に戻ると…。
画像

お向いのお坊ちゃん
ジョウロの水を飲んでいる最中でした。
相変わらず水を飲む箇所は変らんですわ〜
ウチのお嬢ちゃんの方は…。
画像

何処行ってやがった〜?って顔しちゃったくらいにして…。
ぼ〜っと僕を見ていた様な気がします。
その前にくちゃくちゃに撫でたんですけどね…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気が付けば…(^^ゞ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる