へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ハトモドキ…。

<<   作成日時 : 2013/12/05 23:03   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

11月19日の事…。

弊ブログ前記事『凡そ百羽以上…。』の続きであります。

大野川から上磯漁港へ…。
車を置ける箇所からてくてくと周辺を歩く事にしました。
丁度、舟揚げ場を見ていると…。
画像

漁港周辺をアジトにしているにゃんこが、おこぼれをガリガリ食べてる真っ最中でした。
それをジーッと見つめるもう一匹…。
画像

自分の分も残しておいてくれニャ
って雰囲気を出してはいるものの…。
横取りしようとは思っちゃいないみたいです
まあ何処ぞの躾のされていない言語を話す二足歩行の生物よりお行儀良いかもしれない。

ちとばかり脱線しましたが…。
上磯漁港を見ると…水面から岸壁に至るまでカルガモだらけ
あまりにも多過ぎて数える気すら失せるくらいでした。
それでもしれーっと混じる込んでるヒドリガモがおりました
画像

カルガモ達が騒いだ途端に同時に逃亡でした…。
まぁ…これはこれで仕方ない。
さっさと気を入れ替えて戸切地川を見に行く事にしました。

戸切地川に着くと…。
画像

この日の河口側では、ホシハジロと…。
画像

ホオジロガモ御一行がおりましたですよ
もう少し天気が良ければ…と思いつつも。
割とサービスは良い方だったので大変助かりました。
いや…流石に僕の方が撮る気満々オーラ全開で露骨に動き過ぎて、ホオジロガモのペアに睨まれましたけどね

戸切地川河口周辺から鮭止めポイントまで遡ってみる。
画像

いつもの浅瀬側をオオバンが我が物顔で泳いでおります。
彼か彼女かは判りませんけど、どうも他の集団がいても全く関係ないみたい。
相変わらず
まぁ…まだ戸切地川が少し過密化するにはまだ時間がある。
過密化する頃になれば、少しウザい存在扱いされるのかもしれない…。
まぁ…そんなオオバンに言ってあげられる事は、頑張れくらいだな…。

さて、この日の浅瀬付近…。
ユリカモメだらけ…。
そのちょっと奥と言いますか反対岸の方にはマガモ…。
画像

だからと言って、何か言いたい事があるか?と言うと?
特に無い…
敢えて言うなら、綺麗にマガモを撮る練習したい人には良いポイントかな?
天気にはあまり左右されないんで…。
と言ってしまうと…。
画像

戸切地名物であるカワアイサも同じ事が言えるんですけどね…。

さて…すっかりスルーしておりましたが、浅瀬を占領しまくっていたユリカモメの集団
画像

実を言えば、河口周辺にもいたのでありますが…。
敢えてこちらで撮った物を載せる事にしました。
それはさておいて、ユリカモメを見てるとちょっと面白く感じていたりする。
一気にその場を飛んだと思えば、またしれーっと同じ個所に戻って来る。
そんな場面を何度も見ていたので、思わず…ハトみたいと思った次第です。
まぁ…そんな理由で今回のタイトルが『ハトモドキ…。』になったんですけどね。
折角、古典では『都鳥』って詠まれる事もあったのに…。
『ハトモドキ』なんて言われた日にゃ…ちとばかり台無しのような気がしますです

鮭止めポイントから折り返して帰路に就く為、戻っていた所。
画像

キンクロハジロの女子会状態でした。
そう言えば、ちとばかり…男子の割合が少ないな。
今の所若しくは、この日見た限りではありますが…。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハトモドキ…。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる