へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 今季の鳥の出方は鈍気味か…?

<<   作成日時 : 2013/12/18 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

先週の土曜(12月14日)の事…。

すっかり僕個人の鳥見の方は鈍気味と思っていたりする。
まぁ…これは事実なんで否定出来ないんですけど

ってな事で、この数日前…我が愛車(中古で8万円)が、マフラー断裂なる事態になりましたですよ。
まぁ一応、それでも車は走るんですけど…。
この日に朝方の一時間程度、修理の為に入院と相成りましたです。

てくてく歩いて出ても良いとも思ったんですが、ちとばかり雪が激しいんで…。
ヘタれな僕は、てくてく出るのもこの日は諦めましたですよ…。

車が戻って来る間…。
ウチのお嬢ちゃんと戯れておったのでございますが…。
画像

どうやら彼女の熱いハートに火を付けてしまったようだ…。
『掛かって来る出っすニャ』と言わんばかり
おぃおぃ…散々、僕の手を猫ぱんちしておいて、まだ物足りないか?
しかし、鳥見に行く時間が刻々と迫ってきていたんで…。
『ふっ…今日は、このくらいにしておいてやるぜ』なんぞと言ったくらいにして、さっさと鳥見に行くのでありました。
この時の心境は、池乃め○かだった事は否定しない。

さて、ちょっとの入院から戻って来た車に乗り込み向かった先は常盤川でありました。
今季に入って、コガモをお見掛けする機会が少ないと思ったので、ここなら確実であろう?と思いまして…。
画像

行ってみれば、やっぱり…おりました
ただちょっと警戒心は、キツいかしらねぇ…?
因みに我が家の近所の調整池…コガモどころかカルガモすら今季は寄りついておりません。
たまにカルガモ数羽いれば良い方で、この数日前にダイサギがちょこっと立ち寄ったくらいです。
ちとばかり鳥の出方が鈍い感が拭えませんですよ。
街中でツグミすらお見掛けしませんですしね…。

因み…の話で脱線しましたが、コガモ以外では、ダイサギ、アオサギ、キンクロハジロ、残りは大方カルガモでしたので、この場はさっさと離れて、小田島川河口方面へと出向いたのでした。
小田島川河口沖を見ると…安定のテンプレ状態でした。
少し小田島川沿いを歩いて、ハジロカイツブリに振り回され、ジョウビタキにも振り回され…。
結局…撮る事叶わずでございました
で、河口へ戻ると…。
画像

少しぷっくり気味なハクセキレイがおりました。
暫しじっくり堪能しておりましたら、港町埠頭側の方へ移動…。
ちょっと追い掛けると…。
ハクセキレイと共に何やら違うお姿がありました。
ひょっとすると?と少し期待
だが…期待は裏切られたと言うべきか?言わざるべきか?
画像

そこにいたのは、ヒバリでした
ひょっとすると…全く別な鳥かな?とも思ったんですけど、どうみても時期外れなヒバリでした。
この冬、ここで乗り切る少数個体であるのは、ほぼ確実だと思われますが…。

小田島川河口から車を走らせここは七重浜海水浴場…。
画像

スズメが、一番可愛らしく感じる時期になりました。
群れている様をこの時期に見るのは、ちょっとした楽しみです。
えぇ…でも、ここ七重浜海水浴場なんで、出来れば、ツメナガホオジロとかハマヒバリあたりを期待したかったんですけどね。

そして、沖を拝むも遠くに見えるは…スズガモの群ればかりでしたのでさっさと撤収
次なる箇所は、久根別川河口でした。
画像

満干潮を全く考慮しなかったんで、ここもこの日はさっぱり…でした。
パイプラインにぞろーっと並ぶカモメ達を拝んで、壮観だな…と思う程度です。
ちょこっといたオオセグロカモメが、寧ろ浮いて見えるくらい。
ここには写っておりませんが…。

では、ここもサクッと流してしまった僕でありますが…。
次に行った先は大野川河口でした。
大野川河口に到着するや否や…。
雪降る勢いが強烈になっておりました。
流石に車から降りて見るのは断念しましたですよ
それでも拝むもんはしっかり拝みましたけど…。
カメラのお出番になる状況に一向にならず上磯漁港へ…。
画像

漁港を車で徘徊しておりましたら、舟揚げ場近くにコクガンが三羽…。
しかし、雪の勢いは衰えませんです。
これが手一杯でした

なので、すっかり馬鹿にされたように…。
画像

ヒドリガモ男子の痛〜い視線を浴びる事になってしまいました。
ふんその内、バッチリ…撮ってやるわ
ちょっと…ムカつきましたですよ。

この後、戸切地川の鮭止めポイントへ行くのでありますが…。
この続きは、『仲良くしようぜ♪』で書かせて頂きたく思います。
では



ヨーロッパ英国製(イギリス)LADY BIRDBOOK科学古本「海と河口の鳥」10P13Dec13
Pipitou
縦・横の長さはそれぞれ17.5cmと12cmです。ページは52あります。材質:紙羊(pipiとtou

楽天市場 by ヨーロッパ英国製(イギリス)LADY BIRDBOOK科学古本「海と河口の鳥」10P13Dec13 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】 ポンペイ最後の日 講談社青い鳥文庫/エドワードブルワー‐リットン(著者),岡田好恵(訳者),河口峰子(その他) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
エドワードブルワー‐リットン(著者),岡田好恵(訳者),河口峰子(その他)販売会社/発売会社:講談社

楽天市場 by 【中古】 ポンペイ最後の日 講談社青い鳥文庫/エドワードブルワー‐リットン(著者),岡田好恵(訳者),河口峰子(その他) 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

鳥たちの河口 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1973年備考:ヤケ、シミ、初版、帯状態:CB6サイズ参考画像はありません。

楽天市場 by 鳥たちの河口 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供のカモがコガモだと思っていた・・・←バカ
coco
2013/12/19 09:52
cocoさん
よくあるお話です。
ここでは、コガモと言う名の鳥です。
漢字表記は『小鴨』なので…。
小さいカモです。
恐らく弊ブログでは、子供のカモならお若様とか仔とか雛って表現にしております
どてちん28号。
2013/12/19 20:55
こんばんは。
セキレイがまん丸で可愛いですね。
いつも見かけるセキレイはシュッとしているので
全然違っていてビックリです。
尾羽の動きも可愛らしいですよね。
ももか
2013/12/20 18:39
ももかさん
こんばんは
普段スマートに見えるハクセキレイも寒さですっかり膨らんで可愛さUPでした
冬のちょっとした魔法ですね。
言われてみると尾羽の動きは秀逸ですな
そこの所をつい…綺麗さっぱり忘れてました
今季、まだ撮れておりませんが…。
ジョウビタキの尾羽の動きもなかなか凝ってて可愛らしいですよ
どてちん28号。
2013/12/20 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
今季の鳥の出方は鈍気味か…? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる