へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷち猛禽狩り〜♪(その一)

<<   作成日時 : 2013/12/19 22:26   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

火曜日(12月17日)の事…。

久々の好天でありました。

しかし、この日の鳥見を何処にしようか?と前日から考えている内に浮気性な僕は…。
思い切って八雲行きにするか砂崎行にするか?で大いに迷う。
画像

良いだけ迷った挙句…。
既に我が家には、お向いのお坊ちゃんが来ておりまして、パネルヒーターの上にすっかり這い蹲っております。
えぇ…僕の軍手を枕に

大体の方針は、プチ猛禽狩りと決まったので当たり外れ上等くらいで平野を抜けて見る事に致しました。
平野を軽く巡回してここは戸切地川の川辺…と言った方がいいのやら?
画像

早速、ノスリ発見
丁度、背中越しだったんで…少しお近付きの御挨拶出来るか?と思ったんですけど、甘かった
僕の動きは、既に読まれておりました。
このホンの数秒後には、サクッと上流の方へと飛び去られてしまいました。
猛禽の目を舐めちゃイカんですな…?毎度の事ながら

平野を軽く巡回した後、さっさと大沼へ…。
ここで、八雲に行くか?砂崎に行くか?どちらに転んでも良い。
とりあえず白鳥セバット方面に行ってみる。
そうそう…ぼちぼち大沼の結氷が始まっておりましたです。
御蔭様で、白鳥セバットにはマガモだらけ…。
順調に行けば、年明け頃は白鳥セバットを除いてほぼ完全結氷って所でしょうかね?
画像

そんな微妙な状況であってもオナガガモとマガモは完全にテンプレみたいな存在ですし…。
困った時は、セバット頼みで充分行けそうです。
それはさておいて、同じ岩の上で仲良く男の友情を育む二羽…。
餌撒き観客いなければ、こんなのほほ〜んとしておりますです。
これが、餌撒かれた日にゃ…餌取りバトルロイヤルで尚且つ仲間の背中を踏み越えてでも食うになっちゃうから末恐ろしい…。
まぁ…屍じゃないだけマシなんだろうけど

白鳥セバットを離れて、登山道方面…。
ちょっと狙いがありまして…やっぱり寄ってしまう。
画像

寒さでぷっくり膨れてるハシブトガラが既にじーっと僕を覗き込んでました。
いやいや…無い袖は振れないんですけど〜

いやいや…ホンとはあるんしょ?
画像

更に勘付いていたらしい現金なゴジュウカラも普段に増して甘ったれた声で鳴きながらしっかり待機し始める。

しかし、着いた途端に既に香ばしい声が聞こえておりました。
悪いが、構っていられませんです
狙いの為には、我慢も必要…。
ある程度、声がする箇所の目星だけ付けて突入
画像

しっかりおりましたですよ…狙いのクマゲラが〜
でも、これ以上近寄れませなんだ…。
植生保護の為、ここから先は入っちゃイカんのですよ。
残念ながら…。

で、この後…八雲か砂崎どちらかにするか?決まりました。
一旦、話はここで切らせて頂きたいと思います。
続きは、『ぷち猛禽狩り〜♪(その二)』にて…。
ではでは…後程

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぷち猛禽狩り〜♪(その一) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる