へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘタれ奇行 (その三)

<<   作成日時 : 2014/01/26 23:15   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

先週の火曜日(1月21日)のお話…。

前々記事『ヘタれ奇行 (その一)』

前記事『ヘタれ奇行 (その二)』

と続いて参りましたが、この日のネタは本記事で最終章でございます。
長々のお付き合いありがとうございます。
少々、くどいと思われますが、まだ暫くのお付き合いを

さて、亀田川側の病院を離れ横断歩道を渡る直前でした。
ふと再度川面を見れば…。
緑色の小さな物体が目に入る。
コソーッと橋に欄干の隙間から覗いて見ると…?
画像

カワセミでした〜
上から拝むカワセミもなかなか…ですけど、出来れば横から撮っておきたかった。
少しづつ横を撮ろうとコソコソ移動してみたものの…。
あっさり…僕の気配を感じたのか?
睨まれた
わざわざ頭を上に向けちゃったくらいにして…。
恐らくこの仔の心境は『』とか『見〜た〜ぁ〜な〜ぁ』だったに違いない。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルだったりする。
いやぁ全く以って、ヘタれである。
カワセミが飛び去った時の印象は『ふん』だった…様に思える。
しかしまぁあんな派手な緑なのにその後、見付からんと言うのもある意味凄いと思いますけど…。

そして、更に川沿いを下って突き進む…。
昭和橋の手前…と言いますか裁判所の裏手と言えば良いんですかね?
恐らく干潮だったと思われますが、川の水も引き気味でした。
画像

浅瀬をちゃぱちゃぱ突き進むオオセグロカモメ…と
画像

セグロカモメでした。
光の当たり具合で騙され易い一パターンってヤツです。
このパターンは、やはりゆっくり落ち付いて見るに限る。
飛んだ時の羽のパターンも覚えておけば、早々困る事はないと思いますです。

昭和橋を渡って更に河口方面へ…。
一部は、後述致しますが、松林はほぼ…。
画像

ヒガラの天下でございました。
勿論、本当の多数派はスズメですけど…。
でも、出来る事ならマヒワあたりを拝みたかったりする。

更に下って行く事にしました。
ついこの前は、河口部の方は結氷していた筈だったのですが、ここ数日の暖かさで結氷が解けたらしい。
結氷していた時の名残も見受けられましたが、しっかり川面を覗かせておりました。
しかしながら、川面でお見受けするのはカルガモやカワアイサ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、アオサギと言った面々とダイサギでした。
これ以上、先に行ってもどうしようもないと判断を下し昭和橋方面に踵を返す事にしました。
さて、実の所…ここでもちょこちょこイスカが飛んでるお姿を拝見しておりました。
画像

この日の最後の一葉ならぬ最後の一羽…。
どうやら置いてけぼりを食らったらしく不安そうに鳴いておりました。
おぉ…可哀想に
どれだけ気合い入れて松ぼっくりを貪っていたんだか?
とりあえずヒガラ達と行動していれば、自ずと解決しそうな気がしないでもない。
それと惜しむは、あと2〜30分ほど早く来ていれば、イスカが撮れ放題だったかも?しれなかった。
後はなんですな、無事にお仲間と合流出来ている事を祈るばかり

すっかり割愛しておりましたが、亀田川のダイサギ…。
画像

密かにオオセグロカモメがこっそり友情出演しております
実の所、たくさん撮っていたのでありますが…。
弊ブログに載せるのは帰路に就く直前の物にさせて頂いたのであります。
この後、天気も思わしくなくなりヘタれな僕は、この日は体力的に限界…。
バスに乗って帰宅するのでありました。
もう少し元気なら帰路も徒歩にしたんですけど、雪も降ってきたのでどの道どう仕様もありませんでした。




奇跡が起きる筋肉トレーニングガリガリのヘタレサラリーマンがスーパーマッスル・パワフルバディを手に入れるまで-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
「筋トレの師匠」と呼ばれ、人気ブログランキングで常に上位をキープする「やせるドットコム」の管理人t-

楽天市場 by 奇跡が起きる筋肉トレーニングガリガリのヘタレサラリーマンがスーパーマッスル・パワフルバディを手に入れるまで-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
新年早々、この寒い中良く鳥見をしていますね。さすがです。私は寒いので家の中でじっと丸まっていました。この寒い中でもいろいろな鳥が見られるもんですね。我が家の庭は、どうしたものか今年はほとんど鳥が寄り付きません。こんな年は始めてです。餌台に餌をおいているのにね。そんなことでこのホームページを見るのが楽しみになっています。
お玉
2014/02/02 18:58
お玉さん
こんにちは。
今年も鳥見三昧でした。
と言いたい所ですが…。
ちょこちょこ出掛けられなくてバタバタしていた日もありましたです。
今年は、妙に鳥見関係の噂が多い様で…。
何処に行きたいのか?迷ってるくらいです。
それはさておいて、駄文だらけの僕のブログで楽しんで頂けたら光栄に思います。
因みに餌台の方、ちょっと置く餌を工夫すると良いんじゃないでしょうか?
穀物系が多いとスズメの独壇場になってしまう方が多い様に思います。
ヒマワリの種あたりの比重を上げると案外、カラ類が来るんじゃないかな?と思います。
どてちん28号。
2014/02/03 16:40
アドバイスありがとうございます。我が家ではひまわりの種だけを置いています。今日も食べた跡がありません。来た鳥はカラスのみ。
そうそう、先日の新聞に「教育大学の構内にゴイサギのコロニーがある」とか。ここ数年続いているそうです。亀田川に餌が豊富にあるとか。渡りを忘れた鳥が最近多いですね。
お玉
2014/02/04 16:45
お玉さん
餌台にひまわりの種だけでしたか?
ならば、ちょっと穀物系の物を混ぜて良いと思います。
ホームセンターに行けば、撒餌みたいな感じで売っております。
あとヒヨドリやツグミが近所に見当たるのであれば、ミカン、リンゴを置くのも良いんじゃないでしょうか?
話は変りますが、先日の新聞の件読みました。
ゴイサギまで意識しちゃおりませんでした。
やっぱり情報は必要ですね?
それはさておいて、亀田川も一〜二昔前から比べたら本当に綺麗になったと思います。
やって来る鳥がいると言う事は、各々のお食事事情を満たしているって事ですよ。
尚且つ、こちらでは夏鳥と図鑑で書かれてあっても意外と道南は居残り多いんですよ♪
早々、簡単に会えるわけではありませんが…。

どてちん28号。
2014/02/04 19:18
納得です。何で今頃こんな鳥が見られるのかなと不思議に思っていました。それとやはり努力を惜しまず歩く事なんですね。鳥好きな人には鳥も顔を出してくれるし、よく見えるのでしょう。
お玉
2014/02/06 09:24
お玉さん
鳥との出会いは『小さな事からコツコツ』とですよ。
あとは、運次第(鳥次第)です
どてちん28号。
2014/02/06 19:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘタれ奇行 (その三) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる