へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 河口側から攻めなきゃイカんかな?

<<   作成日時 : 2014/02/11 01:36   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の火曜日(2月4日)のお話。

弊ブログ前記事『変な仔…。』の続きでございます。

この日、森町は砂崎から戸切地川へと直行しまして車を置いた先は鮭止めポイントでした。
ここから、川沿いを下って国道までちょろっと歩く程度で済まそうと思ったんですけど…。
思わぬ失態続きでした
それはとりあえず置いておくとして…。
画像

全く通年…会うのに困らないマガモ達
戸切地川で撮るマガモは、何時撮っても良い気分になってしまう。
男子の緑の頭のテカり具合は、何とも言えんのであります
それだけ…この場に拘るのは単にカメラワークの稚拙っぷりを晒している様なもんですが

まぁまぁ…この際、気にせずちょこっと進む。
浅瀬周辺にはオオハクチョウが5羽程おりました
画像

その内の2羽程が僕を見るやすーっと近寄って来てくれたんですけど…。
無い袖は振れない
しかしながら、一時期云十羽いた筈だったんですけど、残りは何処へ行っているのやら?

オオハクチョウが群れていた箇所から少し間を置いて他のカモ達がいらっしゃる。
早速、ホオジロガモを撮らせて頂こうと思ったら…。
画像

思いっきり敏感に反応されてしまいました…
そのまま遠くに行くと思いきや…。
画像

直ぐ近くで群れていたホシハジロとキンクロハジロの群れに合流致しました。
しかし、ここでも過剰に警戒されてしまいまして大半が散り散りに逃飛するのでありました

ほとんど飛び去った後には…。
画像

オオバンがいつもの様に悠々自適で泳いでおりました

なんとか踏み止まってくれたキンクロハジロ達…。
画像

これでもまだまだ警戒心丸出しの状態でした。
何時飛ばれても全くおかしくない。
結論を言わせて頂くと…。
戸切地川での鳥見は、河口方面から行った方が割と飛ばれるリスクは少ないって事かな?と思ってみたりする。
実際、僕個人が経験したパターンだと大体遡って行った方があっさり撮らせて頂いてる様な気がしますです。

ぼちぼち帰路に就こうと車に戻っておりました所…。
この日、唯一お会いしたカモメでした
画像

(多分…)生まれて初めての冬を迎えた若造ちゃんですけどね。
この後、さっさと車に乗り込み我が家へ…。
軽く近所の調整池を見てみたら、ちょっとだけカルガモとコガモが来ておりました。
そう言えば、重機入り込んでるの今季…数回しか見てないですしね。
戻って来ててもおかしくないですな…。

さて、我が家に戻ってリビングにて…。
画像

ウチのお嬢ちゃん
すっかり…遊んでクレクレモードでした。
い・いや…疲れてるんですが
この後、暫く彼女との鬼ごっこに付き合わされる事になった…りする
最近、いつも以上に遊びっ気強くて…手にまでじゃれ付く様になっておりますです。



土木をゆく (イカロス・ムック)
イカロス出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 土木をゆく (イカロス・ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河口側から攻めなきゃイカんかな? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる