へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 足元で戯れる者…。

<<   作成日時 : 2014/03/25 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 4

先週の土曜日(3月22日)のお話。

御近所散策と称した鳥見と相成りました
えぇ…勿論、野望と言う文字がしっかり入っておりますが、敢えてここでは明かさないでおこうと思います。

早朝から我が家を出てても良かったのでありますが、只今持ってる体力面を考えるとちょっと自信が無いので敢えて出立は9時くらいに設定しました。
それでもこの日歩いた新設定ルートで行くと我が家から亀田川沿いを往復出来るくらいの時間を要す訳でして、早朝から頑張っちゃうと僕本人がオーバーロードし過ぎてしまう危険性があったりする
日が高い内なら鳥見の時間を時間惜しまないもんで…。

さて、我が家を出てここは石川沿いの事…。
決して早い朝ではないですが、朝っぱらから随分賑やかでした。
画像

僕の立ち位置から対岸側ではありましたが、シメが数羽程川沿いを徘徊しておりまして…。
他はシジュウカラとベニマシコ達と言った感じでした。
この仔達でも充分賑やかだったんですが…。

更にこの場を賑やかにしている仔達がおりました。
画像

川沿いの某資材置き場近辺には、ベニヒワ達が数十羽程
黙って待っていると足元近くまでやって来て戯れる強者もいたりする。
この日の鳥見が、この時点でほぼ一日通してベニヒワ漬けになるとは思ってもおりませんでしたがね…

ベニヒワ達が奥に引っ込んでしまった後、歩みを進めて…。
ここは、中野川沿いの病院側…。
画像

ふと思えば…すっかり数の理論ってヤツでコガモ達の独壇場に近かった。
ここでお見掛けしたカルガモ達は、片手の指で足りるくらいの数でした。
流石に大きくこちらが動くと過敏に反応はするけれど、大分慣れてしまってるせいか?
堂々と鎮座してる仔もいるからこの川に来てる仔達って…案外、心臓に毛が生えてるのかもしれませんね
他の川ならこうは行かないと思ふ。

石川・中野川ルートと来たもんで、行く先は四季の杜OR亀田川と見せ掛けて…。
向かった先は、桔梗台…。
正確には、桔梗高台と言った方が正しいのですが、弊ブログで何度か出ている箇所なのでここでは、今まで通り桔梗台と書かせて頂きたいと思います。
住宅街を抜け桔梗台に行く坂道…。
画像

今季は、ベニマシコ達に翻弄されっ放しです。
あっさり華麗な逃亡劇を食らわされそう…と思った矢先に撮らせて頂けました
出来れば、男子…と欲を出したい所ですが、女子でも充分可愛らしいのでここは自己満足で済ます事に致しました。

更に進んで行くと…。
画像

またしてもベニヒワの群れでした
丁度、道沿いに針葉樹の小さい林がありまして僅かに地表を見せてる箇所に降り立っては採餌と言う状態でした。
で、こちらの気配に気付けば、木の上に一気に避難…。
ちょっと風通しが良過ぎる木に留った御蔭で風の直撃を食らっていたりする仔もいる。
と言っても…この日の風は、そんなに強くない。
周辺がほとんど畑だから、余計風通しが良く感じるくらいと思って頂ければ良いと思いますが…。
雪降り天気で、本当に風が強い日は間違いなく地獄です

桔梗台まで上がり切りまして、パークゴルフ場方面へ…。
パークゴルフ場近辺に差し掛かる間でお見掛けする鳥は精々ツグミくらいでした。
ハギマシコあたりも期待できそうだったんですけどね…。
今季、仕事で通り掛かった所でしかお見掛けしていないのが誠に残念だったりする
でも、お見掛けしないもんは幾ら嘆いても仕方ない。
是非、お会いしたいなら…会える確率が高くなる所に行った方が良いだろう?
東京タワーより1メートルだけ高い標高334メートルのアノ山あたりに…。

パークゴルフ場近辺にて…。
流石にゴルフ場には侵入出来ませんが…。
松の木が程々植えられている。
期待しても良いかな〜?と思っていた矢先でした。
画像

針葉樹メインの雑木林の杉の梢にイスカが留る
ある意味、期待通り…。
ある意味、期待外れ…。
この画像でお察し下されば幸いです

少し歩を進めて、函館新道へ向かう下り坂の途中でした。
背にはパークゴルフ場…。
画像

ヒガラの群れが忙しく動き回る中…。
キクイタダキ達も忙しく動き回る。
画像

ヒガラは割と落ち着いて留る事はあるけれど…。
この日本で一番小さいとされるこの仔達の忙しなさは僕個人としては類を見ない気がします。
恐らく鳥見版…モグラ叩き戦法必須なのはこの仔達くらいじゃなかろうか?
とにも書くにもお待ちするだけでも結構キツい物があったりする

先のヒガラとキクイタダキの群れが大分、移動してしまった後…。
新道方面へと更に進む…。
さら〜っと下側に見える住宅地と新道を見ていた所…。
狂喜乱舞
でも、心の中だけ…。
流石に工事中の所を侵入して突破と言う訳には行かないんで、飛ばないで〜と願うしかない。
その結果…。
画像

函館新道の『ようこそ函館へ』の巨大な看板の天辺にチョウゲンボウが待っていてくれました
そして、ここから飛び立ったと思いきや…偶然通り掛かったトビにいきなりモビングするのでありました。

と言う事で、一旦、先週の土曜日の鳥見のお話は切らせて頂きたく思います。
続きはまた後程、暫しお待ち下さいませ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今季、御縁が少ないキイロイトリ
またしても続きを書くと言っておきながら、延々と時が過ぎてしまいました{%トホホwebry%} ...続きを見る
へなちょこ鳥見男の戯言。
2014/04/09 21:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
レンズが直って良かったですね。わたしはタムロン200−500を使っています。新しく出た150−600が欲しくなっていますが我慢の子に徹します。

同じ所で、同じ鳥を撮っていますね。
イスカ、イルカがそうです。今シーズンはベニヒワが凄い数で来ていますね。
yama(バタフライ)
2014/03/28 10:16
初めまして。
わたしも鳥見場所が同じような所をウロチョロしております。ちなみにわたしはまだまだ鳥見も撮り鳥も初心者です。このブログさんを見つけて素敵に撮れてるな〜って感心してコメントさせていただきました。
キクちゃんいいなぁ〜今年は香雪園でチビット見れたただけです。やっぱりこの子チョウゲンボウだったんですね!追いかけると可哀想なので遠いまま見てたんです。この看板の近くの老健施設の辺りが御狩り場のひとつみたいで、ここ数日見かけてます。さすが小っちゃくても猛禽さん、いつも見ていたアカウソやベニマシコが・・・ではでは
笹コマ
2014/03/28 21:18
yama(バタフライ)さん
こんにちは。
お返事遅くなってすみません。
ちょっと懐痛かったですけど、戻って来て一安心です。
でも、ちょこっとレンズ見ちゃうとついつい欲しいと感じてしまいます。

今年は、ベニヒワが多いですね?
マヒワより見掛ける事が多くて少しびっくりです。
イカル、イスカを似た様な所で…。
言われてみるとバタフライさん地方と若干被ってる様な気がしますです。
どてちん28号。
2014/03/31 17:23
笹コマさん
初めまして。
お返事遅くなって申し訳ありません…。
僕の撮った物をお褒め頂いてありがとうございます。
全てカメラにお任せですが…。
出来るだけ鮮明に撮れるように心掛けてるつもりです。
似た様な所で鳥見されてるとは、近い将来お会いする事もあるかもしれませんね〜?
キクイタダキは、いつも忙しくて苦戦させられます。
日本一小さい鳥でもありますが、僕的には日本一撮り難い鳥だと感じてます。
チョウゲンボウの方は、実の所…同定するのにちょっと悩みましたけどね。
飛んだ形態もしっかり拝ませて頂いたので、間違い無いと思います。
細かい点は端折らせて頂きますが…。
どてちん28号。
2014/03/31 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
足元で戯れる者…。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる