へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 今季、御縁が少ないキイロイトリ

<<   作成日時 : 2014/04/09 21:16   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

またしても続きを書くと言っておきながら、延々と時が過ぎてしまいました

申し訳ない…と言う事と

お待たせしました〜

の二つの言葉を言わせて頂き去る3月22日の鳥見の後半のお話を書かせて頂きたく思います。

因みに前半戦はこちら⇒『足元で戯れる者…。』

さて、函館新道から中の沢方面へ…。
ちょっとキツめの坂道がお待ちしてるあの箇所へ…。
久方振りに墓地方面から攻めようと思いましてよたよた坂を登り始めた時
画像

道路沿いの木の枝にヒヨドリ…。
このヒヨドリが、後々思わぬ邪魔をする。
まぁ…邪魔された時の感想と言えば、やっぱり一羽でも気が強いって所でしょうか?

で、先のヒヨドリの少しばかり先には民家がありまして、何処ぞで聞いた声と思って見てみれば…。
画像

ウソ(アカウソ含む)の十数羽の群れでした
えぇ…これ以上お近付き出来ないんですよ。
先に触れた通り余所様の庭先の木なんで…。
でも、ウソが勝手に剪定してくれますからきっと良いお花が咲きますですよ
それはさておいて、のんびり見ていたらその群れにヒヨドリが突入しちゃいましてウソの群れは一気に山奥に消えるのでした。

墓地方面から攻めるのは良かったのですが…。
これは、僕の読みが甘かった。
まだ農道が思っていた以上に雪に閉ざされて、進めませんでした。
時間的な事もあって、サクッと戻って普段通りのコースへ逆戻り…。
急な坂道へ行く途中…。
画像

ちらちらツグミが見えていたので、気付かれぬ様に撮らせて頂く
ちょっと枝が邪魔でしたけど、意外と気付かれちゃいない事に我ながらびっくり…でした。
恐らく大きく動いたらツグミの方がびっくりするのは目に見えてましたので…。
僕の方から驚かさないようにコソコソと距離を開けて離れるのでした。

中の澤神社のちょっと手前…。
今季は、何故かベニヒワに会う機会が多かった気がします。
その反面…。
画像

こちらのキイロイトリとは、随分…御縁が無い。
それは仕方ないにしろ、この日…唯一この場所でマヒワにお会い出来てラッキーでした
勿論、ベニヒワのおまけ付きで…。
いやこちらの方が、おまけだったかも?
まぁ…同時に思わぬ入浴シーンも見られた事だしある意味満足でした。
因みにマヒワの採餌していた木の下はちょっとした湿地です。

先に進んで、例の坂道…。
流石にイカルと撮る機会はありませんでした。
拝む事は出来ましたけど
でも、ここで狙いたかったのはホオジロ類…。
画像

単品でも期待通り…。
いや期待以上でした
カシラダカにお会い出来たりする訳で、ぼちぼち夏羽の片鱗が見えておりますです。
おまけにミヤマホオジロとカシラダカの地鳴きの違いもすこ〜しばかり覚えてしまった。
いやぁ〜ホンと何年バーダーしてたんですかね?私…

そして、暫く急な坂道の上り下りのインターバルを繰り返しこの場を引き上げる事に…。
と思えば…。
またまた坂道の途中の民家の先に
画像

ジョウビタキのお嬢様がいたりする
ははははは…
私有地じゃなきゃもうちょっと近づけたかな?
しかし、あちらもそれを知ってか?挑発的でした。
いやぁ…不法侵入で犯罪者にゃなれませんからな
ここはぐーっと堪えるしかありませんですよ

それから、中の沢方面から流れる蒜沢沿いをほぼ沿って歩く様な状況で林業試験場方面へ…。
林業試験場に着くまでの間は、特に変わった事は無かったりする。
もう少し掘って見る必要性は感じましたけど…。
その為にはもう少しプランを立てなきゃイカんかな?と思う次第です。
で、何だかんだで小一時間程度で林業試験場に到着してしまう。
着くや否やヒガラだらけ…。
撮らせて頂けませんでしたけど
とにかくヒガラで困る事は無い…。
シジュウカラやヤマガラが霞んで見えるくらいです。
さっさと試験場内に足を踏み入れる。
歩けども歩けどもカラカラカラカラ…カラ類ばかり…。
ちょっとだけキクイタダキって状況でした。
そして、ちょっと日当たりの良い杉林にて…。
画像

ベニヒワ様御近影…って程でも無いか?
少なくてもカメラサービスは良かったのでありますよ。

ある程度、試験場内の歩ける箇所を見回った後帰路に着く事に…。
入り口の梢の上で…。
画像

ヤマガラが囀っておりました。
が…思わぬ災難がやって来る。
ベニヒワ軍団がいきなり押し寄せ数の論理で追い払われるのでありました。

で、前記事で野望と言っておりましたっけ?
まぁ…ちょっと種明かししときますとですね。
この数日前にハイタカを何度かお見掛けしてたんですよ。
それで、凡その行動半径をちょっと検証して怪しい箇所をチェックしてただけでありますよ。
結局、会えませんでしたけどね
でも、未だ…充分怪しい箇所からは目が離せませんです。

我が家に帰宅後…。
天気が良い御蔭で日向ぼっこをしようと企むヤツが約一匹…。
画像

玄関の風徐室に行きたいもんで…。
ウチのお嬢ちゃん母の顔を見ながら『母しゃんここを開けてくれニャいか?』と…。
はいはい仕方ないから、不肖なクソ息子である私が、ドアを開けさせて頂きましたとさ…。
玄関先でモフモフ攻撃されるとは知らずに

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
以前、こちらで見たカワラヒワも黄色がとてもキレイでしたが、この鳥さんもとてもステキです。
こんな鳥さん達を実際に見る事が出来たら、テンションが上がっちゃうんでしょうね♪
ももか
2014/04/10 17:49
ももかさん
こんばんは。
カワラヒワの黄色は元気の出そうな色と感じておりますが、マヒワの黄色はちょっと落ち付きのある色じゃなかろうかと感じます。
何度か間近で見た事がありますが、こちらはこちらで愛嬌あって可愛いですよ
どてちん28号。
2014/04/11 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
今季、御縁が少ないキイロイトリ へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる