へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙にすっきり…満潮時

<<   作成日時 : 2014/05/18 00:15   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

火曜日(5月13日)のお話…。

前記事『ジツツキ夫妻』の続きでございます。

見晴公園を出てから、例によって…。
松倉川・鮫川下流域を見に行きました。
いざ歩き始めて川面を見れば、明らかに満潮時でした。
おまけにお見掛けするのは、ウミネコ、オオセグロカモメ、カルガモくらい…。
流石にキンクロハジロ、コガモの姿も無くがっくり
時期が時期だけにもう行っちゃったのかな?と…。
鮫川の直ぐ側にある湯川のポンプ場側での事でした。
画像

鮫川の歩道には、スズメのお姿…。
えぇ…ただのスズメですよ。
だから、どうした?って訳でもない。
ここのスズメ達は、ちょっと人慣れしているのか?人の足元近くに降りてもへっちゃらだったりする
ついつい…可愛く思ってしまったので撮ってしまった。
そして、このスズメを見て察して頂きたいのは、当日…思いっきり肌寒かったって事くらいです。
おまけに風も海側から吹いておりまして、肌寒さを一層感じさせられました。

鮫川を見終わった後に松倉川へ…。
行ったのは良かったのですが、イソシギにあっさり逃亡されまして…。
すっかり…とほほな気分でした。
しかし、一応…距離はあるものの救いの神あり
画像

大きな中州には、コチドリご夫妻がおりました。
ちょっとコチドリ母ちゃんの立場が上に見えるのは気のせいか?
実を言うと…コチドリ父ちゃん来る前までは、思いっきり寝てたんですよね
因みにこの画像では、コチドリ母ちゃんが右側です。
コチドリ女子との見分けは過眼線に微妙な褐色が入ってるか否か…ですな?

さて、松倉川・鮫川を離れまして帰路に就く事にしました。
我が家へ戻る前に…。
ちょっとだけ中野川沿いの病院付近をサラッと歩きました。
ははははは…
中野川の川面を見ると?
やっぱり…コガモの姿は綺麗さっぱりありませんでした
GW過ぎて、旅立ったのかな?と感じました次第…。
で、ドッグランの近くでは…。
画像

モズ母ちゃんが、徘徊しておりました
ただ残念な事にこの後、あっさり飛ばれてしまいました。
母ちゃんもハンティングでお忙しいそうだ…。

と言う事で、荒天気味(?)なこの日の鳥見はあっさり幕を閉じるのでありました。
全く関係ない話ですが、5月10日は鳥見をお休みさせて頂きました。
えぇ…不覚にも二度寝してしまい気付いたら昼過ぎでした
そうそう…5月11日には、日本野鳥の会函館支部と道南檜山支部の合同探鳥会が見晴公園で催されたらしい。
どうなったんでしょうかねぇ?凄く気になっていたりする。
函館支部のA馬さん元気ですかね?
小学生の頃、探鳥会の度にお世話になったんですけどね…。
元三羽ガラスの一人として…
あぁ〜あの頃の僕は、若かった。
今も若い…つ も りですけどね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一回にどのくらい歩かれるんですか? 2時間ほど歩かれるんですかね。歩くのは気にならないのかな!
今日、見晴らし公園に行って来ました。キビタキがいっぱいいました。とても動きが速すぎて、写真が撮れませんでした。私の機動性が悪いからですね。右手一本じゃ厳しいです。あまり動かない水鳥専門にしようかな。
お玉
2014/05/19 22:04
お玉さん
コメント返し遅くなり申し訳ありません
一回の鳥見で歩くのは長い時で10キロオーバーくらいですよ。
二時間くらい歩くのは、今は序の口です。
見晴公園に行かれたのですね?
キビタキがホンと多いですね?
で、写真をなかなか撮れなかったとか?
うーむ
右手だけだと厳しいですね…。
そこで若干機動性が落ちても一脚のお出番ですよ。
あと相手が素早い云々は考えなくて良いですよ。
鳥の方は、こちらの視線に対してプレッシャー感じてしまうものなので、気楽に見るつもりで接すれば良いんですよ。
その間に撮れそうであれば、少しずつ距離を詰めながら撮るという感じで良いと思いますよ
あとは個々の鳥の癖も観察しながら覚えるのも良いでしょう。
キビタキのようなヒタキ類であれば、一度その場を離れても下手な事をしなければ、大体その近くに戻って来る事もあります。
戻って来る場所さえほぼ掌握してしまえば、意外と撮る機会が多いです。
先ずは相手をゆっくり観察する事が大事です。
水鳥もカルガモやマガモくらいは大丈夫かも知れませんが、こちらは撮る為の練習相手くらいで割り切って下さいませ。
スズメあたりなんかも良い練習相手になってくれますよ。
どてちん28号。
2014/05/22 23:24
助言ありがとうございます。昨日は八郎沼、今日は五稜郭公園、いろいろな鳴き声はキャッチできるのですが、撮るのは難しかったです。カワラヒワとハクセキレイだけ。あとは正体不明の鳥一羽。八郎沼では、カッコウが鳴いていました。一脚はもっていますが、これは水鳥用にと思っています。カメラは片手で操作できるものにしました。光学ズームで50ばいですから凄いのですが、やはり視野が狭くなって目標物をわくから外してしまうことが多いですね。動きの遅いものならOKですがね。函館山の頂上から市役所の前を歩いている人が撮影できますから驚きです。
お玉
2014/05/23 22:17
またまた返信遅くなってすみません…。
先週、ちょこっと八郎沼に行きました。
天気悪くて散々でしたけど…。

光学50倍はやっぱり凄いですね?
ただズームが大きいと視野は狭くなるのは仕方ないですね?
僕も何度、やった事やら…
どてちん28号。
2014/05/27 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
妙にすっきり…満潮時 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる