へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月18日 畳み掛ける。

<<   作成日時 : 2014/11/03 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

10月18日のお話。

見晴公園を離れ一気に港町埠頭の横…。
小田島川河口へとやって来た〜
いやぁ〜嬉しいですな〜
ホンの御参考程度ですが
画像

カモ類がうようよ〜
因みに…画像内、一番沖からヒドリガモ、オナガガモ、手前の集団がスズガモです。
写っていないですが、他にはキンクロハジロ、コガモといった具合でした。

ほぼ沖に集まっている連中をボーっと拝んでばかりいられないので…。
ここから一気に大野川河口へ…。
ちょっと来ない内に凄いですな?
画像

ユリカモメだらけ〜
これでも一部だけで…。
総数少なく見積もっても80〜90羽くらいでした。
で、お気付きであろうか?
ユリカモメが向いてる方向がみんな同じである事を…。
以前の記事で書いたと思いますが、みんな風が吹いて来る方向を向いてるんですよ。
やっぱり習性ですね?
解らない人の為にもう一度言うと…ヒントは揚力です。
せっかくなので…。
画像

群れから離れていた一羽をじっくり堪能しまして…。
てくてく戸切地川へと進みました。

この日の戸切地川…。
あんまり変わった事はございませんです
画像

冬羽に化けちゃったマガモ男子が神々しく見えたくらいでしょうか?
それを撮る私が図々しく見える図…。

それはさておいて、見るべきものが少ないので…。
画像

溯上中の鮭ウォッチングと洒落込んでみる。
鮭止めポイントから先を諦めた個体は、既に橋の下付近で卵床を掘っていたりする
漁業資源の確保も重要だが、この様な場面を見ると少々…心中複雑になります。

大野川河口に戻って車に乗って大野平野へ…。
目的は、コチョウゲンボウを拝む事でありました。
先にオチを言わせて頂くと…拝む事は出来ましたです
しかしながら、撮ろうとした矢先に逃亡を許してしまいました
可愛い女の子とだけは言っておきますが〜
ついでにオオジュリンにも逃げられました。
冬羽の仔を撮る千載一遇のチャンスをモノに出来なかった悔しさだけ残りました次第です。
まぁ…それでもですね。
画像

タヒバリを拾えた事が救いになりました
去年はコテコテでしたので…。

コチョウゲンボウに華麗に飛ばれてしまった後の事…。
画像

初っ端は、杭に留っていたのですが…。
僕に気付いたのか?
サーッと杭から離れたと思いきや真横の畦道に着地してくれました
しかしながら、地面に降りてるノスリって…?
ノスリではない別な鳥に見えそうな気がする

ノスリと別れて更に鳥見を続けておりますと…。
画像

すっかりシャイになりましたヒバリ…。
稲の切り株に一応、同化しているつもりです
普通に車で通ってるだけじゃ…多分、気付かないだろうなぁ

この日の鳥見が終わって…。
両親のアジトへ立ち寄りました。
画像

非常遊びたそうな態度でお出迎えでございます
しかし、そこで待っていたのは、足にじゃれ付くと見せかけ…。
僕のズボンで爪を砥ぐウチのお嬢ちゃんの姿でした。
御丁寧に僕の顔を見ながら…。
少なくても…ズボンの寿命は縮まりましたです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月18日 畳み掛ける。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる