へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々の四季の杜であったが…Σ( ̄ロ ̄lll)

<<   作成日時 : 2015/05/02 23:10   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

1月24日のお話…。

この日は、四季の杜へ行く事になりました。

その手始めに中野川・石川周辺をお散歩する事にしました。
歩いてみたのは良いけれど…。
あまりパッとした事も無く…
画像

中野川のコガモに依存する羽目になりました
題して…孤独なコガモちゃん
このポイントは、上目遣いでムスッとした表情と川の浅瀬に一羽で立っている事でしょうか?
ちゃ〜んと他のお仲間も周辺で休んでいたのですがね。
彼が、少々…お仲間と離れ気味だったので、恐らく見張りのお役目だったのでは?と思ったりした。

コガモ達と別れて四季の杜入り…。
ホンと久方振りに行って来た。
だが、長らく行って無かったせいか?
シジュウカラ以外のカラ類は出て来ないわ…。
他の鳥の出もパッとしないわ…。
着いて早々…頭が痛くなってきたりする。
それでも散策しない訳にもイカんと思いまして散策するも見事な空振りでした。
そそくさと四季の杜を離れる事にしました。
取敢えず…。
この日の四季の杜での収穫は…?
画像

ホンの証拠程度でございますが、マヒワの小さい群れでした
やっぱり…ハンノキ様々でございました。

四季の杜を離れ向かったのは、港町埠頭横の小田島川でした。
この日は、カモ達に嫌われまくりでした
画像

そんな状況だった時にてくてく歩いて来たハクセキレイでございます。
せっかくなので撮らせて頂いたのですが…。
この後、しっかり…睨まれました
『何撮ってるんだよ』と言わんばかりに…。

この後、大野川河口に展開するも…。
あんまりにもお見掛けする鳥が定番過ぎたので、敢えて省略させて頂いた。
わざわざ無理に撮ってまでと言う状況でもありませんでしたので…
そして、そのまま戸切地川へ展開させて頂きました。
さて、相変わらず川面はホシハジロとキンクロハジロの連合艦隊で埋め尽くされておました。
画像

河口側から上がる格好になったので…。
こちらを見つつ…川を登る状況に陥ってました。
画像

でも、マガモは…なんだかよく解りませんが、余裕綽々です。
だが、この世には…上には上がいるもんだ。
画像

オオバンが平然と接近したり離れたりを繰り広げておりました。
恐らく、この冬で一番近寄ってくれていた様な気がします。

戸切地川から上磯漁港へ…。
画像

舟揚げ場周辺では、猫達が屯しておりました。
ホンと現金な上に自由気ままでございます。
羨ましい…。
そんな港内では…。
画像

ハジロカイツブリ御一行様が、団体観光の真っ最中でした
群れてる時の習性と言いましょうか?
流石ですな…?
潜る時は息を合わせた様に20羽が潜るんですから…。
暫しハジロカイツブリ達を堪能しました後、帰路に就いたのでありました。

帰路、平野と久々に中の沢方面に出るも…。
ほとんど閑古鳥状態でした。
強いて上げるなら、平野でハイタカがハシブトガラスに追われていた事くらいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々の四季の杜であったが…Σ( ̄ロ ̄lll) へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる