へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS カイツブリの川流れ…。

<<   作成日時 : 2015/05/03 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

1月31日のお話です。

今回で、よ〜やらやっと1月の鳥見の御報告が終了です。

そりゃそうですよね?

今更、1月の晦日の話ですから

それはさておき、この日もすっかり鉄板状態な鳥見でありました。

先ずは、我がアジトを出てさっさと鮫川・松倉川周辺を散策する事になった。
鮫川沿いを歩き始めた所で…。
画像

すご〜く眠たそうなキンクロハジロに萌えていた
この日の朝日は、ほんのり明るい感じでしたので…見た目に眠たさ倍増でございます。

そんな真近くでは〜
画像

ホシハジロ男子が、キンクロハジロに混じって川面に浮いておりました
しっかりこの日は、同業者が…キンクロハジロとホシハジロのコラボを狙っていた様な気がする。

簡単に鮫川を見回った後に松倉川との合流点へ…。
画像

鮫川と松倉川のほぼ境目となる柵があるのですが…。
その上には、ダイサギが羽を休めておりました
寧ろ羽を休めていたと言うよりは、ここから何かを狙って川を見ていたと言った方が実は正確なんですが…。
ダイサギがこの場所で狩りをするには、ちょっと深過ぎる
普段は、ウミウやホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロが潜って暫く上がって来ないくらいですから…。
上から見てもかなり見通しは悪いし…。

そんなちょこっと上流では…。
画像

ホオジロガモ男子が潜ったり上がったりを繰り返しておりました。
餌探ししていたと言うよりは、水浴びしている様にしか見えませんでしたが…
とにもかくにもこの男子のお若様は、こちらなんぞ気にする事も無く…。
悠々と泳いでいたのが印象的だった

松倉川へと移動して、ここは湯の沢川と松倉川との合流点…。
松倉川の川上からどんぶらこ〜どんぶらこ〜と何やら毛むくじゃらな物体が流れて来た。
そのままこちらに近付いて来るのを待っていると…。
画像

その毛むくじゃらな物体は、カイツブリでした
すっかり…川の流れにほぼ身を任せて進んでいたので、河口方面に流れて行くのが速い事
カイツブリの川流れ状態でした。
まぁ…溺れている訳じゃないんで良いんじゃないでしょうか?

カイツブリが何処ぞに消え対岸側を見ますと…?
画像

何の気紛れか?
オオハクチョウが来ておりました
まぁ…年に数度くらいは、こんな事もありますです
本当なら毎年、落ち着いて頂きたい所ですが…。
不凍河川じゃないので、立ち寄り難いでしょうな…。
この日は、ほとんど凍って無かった事くらいしか思い出せなくなりましたが

ちょっと本流側を拝むと…。
画像

カワアイサがおネンネの真っ最中でした。
起きろ〜なんて当然、煽る訳にも行かず…。
ただただ拝むだけ…でございました

ぼちぼち車に戻る途上の事…。
街路樹にはツグミのお姿
画像

相変わらず…冷たいですな?
愛嬌の『あ』の字くらいは無いものか?
彼等の敏感さにすっかり…振り回された感は拭い切れなかった。
何時ぞやの間近で撮らせて頂いた記憶が嘘のようだ。
と言ってもそれは、昨年の話ですがね

と言う事で、この後、見晴公園へ行くのでありますが…。
続きは後程…では(●´・∀・`)ノシ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1羽増え2羽増え…。
幣ブログ前記事『カイツブリの川流れ…。』の続きである1月31日のお話です。 ...続きを見る
へなちょこ鳥見男の戯言。
2015/05/03 23:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カイツブリの川流れ…。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる