へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 前祝いですかぃ?

<<   作成日時 : 2015/05/27 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

3月14日のお話…。

前記事『やりゃ〜ぁ出来るじゃねぇかぁ♪』の続きでございます

と言いたい所でございますが…。

残念
幣記事を書いてる本日…不幸な事に私の歳がまた一つ増えてしまった。
今幾つ?と聞かれても答えてあげない世の情け
幣ブログで何度か『云十年前に』とかって表現使っていれば、そんなに私は若くは無いって事だけはお察し頂けるであろうと思いますです
気持ちは、まだまだピチピチのつもりなんですがね?
体は、ちとガタガタになって来てますが
さて、本題に入る前に…。
いつ頃書けるか解らん記事ネタを投入させて頂きますですよ
画像

四日程前に奇遇にもお会いしたツバメチドリでございます
これが、誕生日の前祝いになるとは思ってもいませんでした。
お陰さまで、また一種見た鳥が増えました
何種類今まで見て来たか暫く数えちゃおりませんがね…
詳細につきましては、また暫く後になると思いますがこれよりもう少しマシな物を隠してますので…。
程々…ご期待下さいませ

では、話は戻りまして前記事の続きでございます。
大沼からズラかりまして向かったのは、戸切地川の鮭止めポイントでした。
着いてみれば…。
画像

石の上にカモメが留っておりました
いつもならサクッと飛んで行ってしまうカモメですが、この日はすご〜く愛想良くして頂きました。

先のカモメと相対するかのように…。
画像

ウミネコもさ・サービスしてくれました
しかしながら、戸切地川のカモメ類勢力はまだまだカモメがほとんどでした。
何度か幣ブログに書いた記憶があったと思うんですが、カモメがいる期間は長い気がします。

鮭止めポイントから河口方面に進むや否やの所でした。
画像

目の前を堂々と進むウミアイサ男子であります
どの鳥を見て春を感じ始めるのは、人それぞれと思います。
ウグイスが鳴き始めた時期もあれば、ツバメがやって来た時期もあると思います。
僕の場合は、ウミアイサが川に入り込む様になった時期に春を感じ始めるって感じです。
それはさておき…凄く目の前をちょろちょろ泳いでくれたので、暫くハマってしまいました
因みにアイサって漢字で書くと『秋沙』なんですよね…。
これで行けば、専ら秋を感じさせる鳥って解釈になるんですがね

この時点で大分少なくなりましたキンクロハジロ…。
画像

彼等が少なくなって非常に寂しい
この日は、立派な男子の成鳥すらいない状況でございました。
ちょっとばかり僕の脳内テロップに『年貢の納め時』が流れた様な気がしました
季節は巡り巡るものですから止め様ないです。

キンクロハジロ達が泳いでいた更に先…。
僕から見たらどう見ても対岸ってヤツです。
画像

カモメ軍団の中にユリカモメが数羽…。
流石に先のカモメと違って、極々普通の対応でした。
僕が動けば、一気に騒いで飛んで行く…。
暫くしたら戻って来るの繰り返しでした。
当然、その騒ぎにユリカモメも乗せられる訳でありまして…。
手強さ倍増でした
ユリカモメの団体様でもちょっとキツいかな?と思うから尚更です。

この時点では干潮時だったので…。
中州がしっかり出来あがっておりました。
画像

ぽつんと一羽佇むオオバンでございます
懐深い親分肌?な場面を見せてくれました。
この直前にマガモ男子が後ろを歩いて通ったのですが…。
ちょこっと見ただけでそのままスルーでした
これがゴ○ゴ13なら間違いなく殴られていたに違いない…。

戸切地川から上磯漁港、大野川河口と渡り歩きました。
おカメラのお出番は作れませんでしたが…。
この日、大野川河口沖でホオジロガモ40羽オーバー、オナガガモ60羽弱の群れをお見掛けしました。
カモ類の春の移動が顕著になって来たな…と感じました。
その後、港町埠頭へ…。
画像

小田島川の遥か沖を見ていたら、どう見てもカモとは思えぬ二羽がおりました。
よ〜く見たらマガンだった訳ですが…。
遠過ぎるのでホンの…状況証拠程度と相成りました。

それから、ちょこっと時間がございましたのでフェリー埠頭方面へ…。
埠頭の横である常盤川河口での事でした。
画像

干潮で頭を出しているテトラポッドの側にはヒドリガモがカップルでおりました
波の強さの助けを借りながらも上に這い上がる姿にちょっとだけ萌えました
そんな僕の手前では…。
画像

スズガモが悠々と浮いておりました
何故だか知らんが…凄く余裕のある態度でしたなぁ…。
若いから免疫が無かったとか?

ぼちぼちこの日の鳥見を終えようと常盤川河口周辺を軽く歩きました。
画像

川沿いをお散歩中だった黒ニャン
どう見ても川沿いにいるカモを狙ってたとしか思えない行動でした。
狙う云々…は、置いておいてこの仔何処かで事故に遭ってたみたいでした。
歩いている時の後脚がちょっとばかり不自由に見えた。
無事に治っていると良いですがね…。
ちょっと気になったのでございます。

この後、さっさと車に戻って帰宅の途に就かせて頂きこの日の鳥見は幕を閉じたのでございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前祝いですかぃ? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる