へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 実は遊び好き?

<<   作成日時 : 2015/07/11 21:35   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

4月14日のお話

幣ブログ前記事『石垣の隙間からこんにちは♪』の続きでございます。

さて、本文に入る前にちょこっと…。
今日は、猛禽狩りと称して恵山方面に出張って来ました
先日から悩みに悩んだ結果なのでありますが…。
悩んだ甲斐(?)も一応ありまして〜
画像

ハヤブサの水浴びなんて撮れちゃったりする〜
詳細はまだ後々のお話になりますが、悩んで行く場所をピックアップした割には呆気無かった。

で、おまけと言っちゃ難ですが
画像

今日は夕方頃も気温がそれなりに高くてですね…。
両親のアジトにカメラ持参で行ったら、押し入れの中でウチのお嬢ちゃん引き籠ってました
いつもならトコトコ僕の足元に来てスリスリのハズなんですが
結局、夕飯時もこのまま引き籠ったまんまでございましたです。

ではでは、当日のお話に戻らせて頂く事に致しまして…。
函館山での鳥見があっさりした状況だったので、一路見晴公園へと向かいました。
見晴公園に着くと…。
画像

早速、ホタル池にいたカルガモがトコトコやって来て甘えて来たりする
しかし、無い袖は振れないのよね…。
で、この日はハシビロガモのハの字も見掛けず…。
もう行ったのかな?なんて思ったんですが、その見解はこの数日後…砂糖より甘かった事を思い知らされる事になりました。

ホタル池の坂道を登りまして芝生広場の側の松林での事…。
丁度、エナガの声が数羽低木林(?)から聞こえていたのでお待ちしたらですね。
画像

何処ぞから拾って来たんだか?
エナガが鳥の羽根を咥えて飛びまわってるんですよ…。
何度かこの様な光景を目にしましたが、お道具持ち出して遊んでいる様に見えるのは気のせいか?
暫くエナガ同士でこの羽で遊んでいる姿を眺める羽目になりました。

エナガの群れの声が遠ざかって松の木の下では…。
画像

ハシブトガラが呑気に地面を歩いておりました
この時期、下手に木の上を移動して採餌しているより地面で採餌している方が多分、リスクは少ないと思う。
おまけにお食事を探すのにも労さないって言う事もあるんでしょうけど…。
慣れちゃってる仔は、こちらが大人しくしていれば平然と足元にまで来ちゃうくらいですから案外、人間様を上手に利用しちゃっているのかも?と常々感じさせられます。

温室方面に移動すると…。
画像

これまた奇遇にも追剥君(ヤマガラ)でした
早速、貢物をくれと催促の模様…。
あのさ…催促しなくても一応、餌台近くにあるんですがね
余程、人間様の手から頂戴するのがお好きな様だ。
まぁその方が、他の天敵に遭う事も少ないだろうしましてやそれなりに新鮮な餌も頂戴出来るのだろう?
全く…現金なヤツめ

温室裏手と園庭の間の杉林でした。
画像

ゴジュウカラにお会いしても大分距離を置かれる様になりました。
少し寂しい気もしますが、これが本来(?)の距離感だと思えば…。
それなりにホッと思ったりもする。
確かに人慣れしている仔も可愛いと言えば可愛いかもしれないですがね…。
それだけじゃダメなんですよね

それから、ゴルフ場方面に進みまして…。
一応、桜並木になっている箇所でした。
画像

まだ桜が咲く時期ではなかった事が少し残念でならなかったのですが…。
マヒワにお会い出来た事でも充分かな?と思った。
ついでにマヒワが意外と多い事にこの時点では正直言って驚きでした。
確かにマヒワがいて全くおかしくはない環境ではあるんですがね
僕本人が見晴公園でマヒワをあっさり撮れる程お見掛けしちゃいなかっただけなんですがね
要は、マヒワを見晴公園で撮る機会やら回数をこなしていなかった若しくはこなせなかっただけって事です。

この後、サラッと園内を流しまして…。
画像

カルガモがいないカルガモ池で甲羅干しをしていたアカミミガメを撮らせて頂きまして見晴公園を撤退しました。

見晴公園を離れてまだちょこっと余裕がありましたので…。
四季の杜へと行ってみた。
この日の鳥見状況は、さっぱり…と言った方が、手っ取り早かった。
里の森をひっそり流れる川での事でしたが…。
画像

水浴び後のエナガをのんびり堪能して、この後帰路に就いたのでありました。
因みに…この日の四季の杜内で、カケスの物真似にしてやられました
大概下手な物真似のハズなんですが、かなり技巧のある個体もいらっしゃる様で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実は遊び好き? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる