へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月16日

<<   作成日時 : 2015/09/24 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

タイトルを真面目に考えた結果…。

何も思い浮かばなかったので、そのまんまタイトル通り…5月16日のお話でございます。

この日の初っ端は、某河川のゴイサギポイントからでした。
川縁のあちらやらこちらでは…。
画像

オオヨシキリの合唱状態でした
ただ姿を見るのは良いとしてもちょっと警戒心のキツい彼等…。
近くにいたと思えば、サクッと向こう岸に飛び去って囀っておりました。
大きく口を開くもんだから口の中の赤さが際立って目立ちます。
バックが緑と言うのも手伝っていると思いますがね…

一方、肝心のゴイサギは?と言いますと…。
画像

ぽつぽつ営巣が本格化している感じでありました。
ゴイサギの卵を狙ってハシブトガラスが虎視眈々と眺めている様子も見えておりました。
下手に関わらん方が良いかな?とこの時点では思ったもんです。
実際、近くに行く事はあってもここでの鳥見はゴイサギに配慮した状況にしてしまいましたがね

ゴイサギポイントから離れる際の事でした。
画像

コムクドリ軍団が賑やかに木々の間を動き回っておりました
ちょっとオオヨシキリの合唱に打ち消されていた感は拭えませんでしたけど

大野平野の畦道に入る。
画像

田圃に水が張られていた所だった。
まだ田植えを始めるのはこの時点では、まだ先の事だったと記憶しておりますが…。
もう既に田圃に集っちゃってる連中と言えば、カルガモ軍団くらいなもんでございました。
恐らく全部…野郎共だと思いますがね。
イクメンしなくて良い連中はある意味気楽なもんですよ。

平野を経て向かった先は八郎沼公園でした。
この日もオオタカを期待して行ったつもりだったのですが…。
結果的には空振りでした
画像

その代わりと言えば、少々物足りなさを当時感じたのですが…。
カイツブリのカップルを拝む事が出来ました
ただ相変わらず距離は置かれっ放しでしたが

公園内を暫し散策したものの…。
ここでのおカメラのお出番は、少なかった。
画像

去り際にホオジロに散々…振り回された記憶だけ残っております

八郎沼から離れた後、谷好浜〜戸切地川河口〜大野川河口とてくてく散策しました。
画像

漁港でのーんびりしているニャンコを観察したり…。
画像

道端でコロコロ転がっていた仔に『何だ?お前?』扱いで見られたり…
鳥見としては、ちょっと壊滅していた状況でございました。
もうバードウォッチングじゃなくてキャットウォッチングで良いんじゃ?と感じたものです。

大野川河口に着くと…。
相も変わらずカモメ類が群れておりました。
画像

その中にユリカモメが十云羽混ざっていたのですが、内数羽は夏羽にお化けになられておりました
しかしまぁ…ちょっとシャイと言いますか?
大分、群れの奥に引っ込んでいたりするんで軽く苦戦しました。
下手に近寄れば、ウミネコとオオセグロカモメと仲良く一気に飛んじゃうんで

と言う事で、この後…常盤川と石川の合流点へ向かう事にしましたが、続きは次記事で書かせて頂きたいと思います。
ではでは(●´・∀・`)ノシ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二粒美味しかった…常盤川
幣ブログ前記事『5月16日』の続きでございます。 ...続きを見る
へなちょこ鳥見男の戯言。
2015/09/25 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月16日 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる