へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS でっかいツバメ?

<<   作成日時 : 2015/09/25 22:32   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

5月23日のお話でございます。

この日の鳥見は大野平野からスタートと相成りました。

田植えも大分進んでいた感が拭ない状況下…。
畦道キングなヒバリ達の声は賑やかだった。
画像

一般に飛んでいる状態で囀っていると言う印象の方が強いかと思いますが…。
ちょっと見晴の良い箇所に留って、囀っておりました。
こんな光景は、幣ブログで何度か載せていた記憶がございますが…。
ヒバリは何処にいても『日に一歩』と前向きでした。
でも、一日一歩三日で三歩、三歩進んで二歩下がるのとはちょっと違う…。
二日分損しちゃいます…多分

この日、春のシギ・チドリ狙いの鳥見でありました。
のんびりと車を転がしておりましたら…。
道端にでっかいツバメ
本当にツバメの割に大き過ぎるわ…地面を歩くのがあまり得意じゃないツバメの割には素早い。
さっさと撮る事になってしまったんですが…。
画像

そこにいたのは…?
ツバメチドリでした〜
既に脳内、お花畑状態でした。
もう帰って良いかしら?なんてテロップが流れたくらいです。
なんて僕はラッキーなんだ?と思った誕生日4日前の出来事…。
それはさておいて、実はこの仔に数回飛ばれてしまっていたんですが僕の頭上を軽く旋回して元の場所若しくは僕の進行方向に留ってくれたので大助かりでございました。
飛んでいれば、ちょっとスピード感の無いツバメって印象ですが地面を歩くとチドリって感じです。
ツバメチドリって言う名前そのまんまって感じでした
因みに…チドリと付いているが、チドリ目チドリ科ではなくチドリ目ツバメチドリ科でございます。

平野の主要な箇所を見終わった後にゴイサギのポイントへ…。
画像

川沿いに生えている木には、コムクドリが騒ぎながら動き回っておりました。
そこからちょっと対岸に視線を移すと…?
画像

笹藪を背にゴイサギがおりました
直ぐ飛んで行ってしまいましたけど…。
巣のある箇所は、遠巻きに観察させて頂きまして…。
再びオオヨシキリの声がする対岸を見る。
画像

しっかり枯れているイタドリの茎に留ってギョシギョシ囀っておりました。

ゴイサギのポイントを離れて…。
港町埠頭へと行って来ました。
画像

恐らく…拾い食いと言った所であろう?
ノビタキの嘴には、甲虫が…。
カミキリムシのお仲間辺りでしょうかね?

のんびり埠頭内を散策しておりましたら…。
画像

ホオアカのお姿もありました。
この辺くらいの鳥達であれば、この時点ではまだまだ無難にお会い出来ると感じておりました。
しかしながら、その考えは見事に掻き消されました。
画像

工場がにょきにょき建ち並ぶ様になってダメか?と思っておりましたら…。
なんて事はございませんでした。
今年もしっかりオオジュリンがやって来ておりました
この後に気付く事になるんですが、緑が減った分…残っている草地の鳥密度が妙に高い印象だったって事でございます。

埠頭方面を見終わった後、七重浜方面に進出させて頂きましたが…。
続きは、次記事にて書かせて頂きたいと思います。
ではでは(●´・∀・`)ノシ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
抜き足差し足忍び足…。
5月23日のお話でございます。 ...続きを見る
へなちょこ鳥見男の戯言。
2015/09/26 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
でっかいツバメ? へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる