へなちょこ鳥見男の戯言。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥見納め挨拶&前記事の続きでございます。

<<   作成日時 : 2015/12/30 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

幣ブログ御覧の皆様…。

こんばんは

お陰さまで、先日(12月29日)を持ちまして、2015年(平成27年)の実質的な鳥見が終了致しました。

当分の間、過去ネタ続きでございますが、急ピッチで書いて行きたいと思いますので…。

暫し、お付き合い下されば幸いでございます。

さて、鳥見納めの成果と言っちゃ難ですが…
結果的なお話を軽くしちゃうと…。
まぁ…雪降り天気の割には、コンスタントに鳥見が出来たんじゃないかな?
と感じております。
画像

そんな中、すっかりハジロカイツブリのお世話になったのでありますが、この正面顔が印象的でした。
『お前、何処から湧いて出て来た?』みたいなお顔してこっちを見ていたんですが…。
立場逆だろ?とツッコミを入れたくなってしまいます
だって、僕が突っ立っている場所、正面に浮上して来たのは他ならぬこの仔なんですから…。
実は、これにはちょっと仕掛けがある
この日、ハジロカイツブリとカンムリカイツブリの群れが漁港に入っておりまして、落ち着いて群れの動きを見ていれば、意外とあっさりと行っちゃうもんなんですよ。
要するにこの仔の動きを読んで僕のペースにハメたって訳です。
これ以上の種明かしは敢えてしませんが、餌ばら撒いたとか船に乗り込んだとかは一切ありませんのでw
そもそも小道具すら必要無いです。
必要なのは、根気とコソコソ素早く歩く機動力だけでございます。
誤解があると困るんで、一つ付け足すと無暗に追い掛けたりしちゃおりませんですよ


と言う事で、本題に戻って…。
前記事『戦闘開始!!』の続き7月11日のお話…。

この日、恵山方面からの帰路…。
見晴公園に寄りました。
勝手に命名したカルガモ池…。
カルガモが数羽いるものの…。
画像

この池の本物の主(?)である特定外来生物と称されるミシシッピアカミミガメがお出迎え状態でした。
因みに別名ミドリガメって言いますがね…。
えぇペットショップでよくお見掛けするアレ
幣ブログでここの亀何度か出て来ておりますが、この言い回ししたのは初めてですな?

それはさておいて、この日の見晴公園…シジュウカラだらけな印象でした。
既に巣を離れて、親鳥共々園内で将来の訓練中ってヤツでして…。
そちらを拝んでいれば、ニヤニヤしている所で、振り返ればヤツがいる
画像

食事に困っている様な時期じゃ無いのにも関わらず。
おねだりヤマガラが、待機しちゃっていたりする
まぁ…ある意味、困らんと言えば、困らんのですがね。
内心、ちょっと複雑です。
ここのヤマガラは、何時ぞや言っていた追剥君1号とか2号とか…そんなレベルじゃないんですよ。
と言うのは、もうちょっと先のお話。

そして、相も変わらず園内を走り回る連中…。
画像

言わずと知れたエゾリスでございますが
こちらも人慣れしているお陰で平気で寄って来る。
手ぶらだと判れば、現金なもんでさっさと何処かに去ってしまいますがね

ちょこちょこっと園内を徘徊して、時間帯的にはここが良いだろう?と園内の池の水源の一つでお待ちしていた所でした。
画像

シジュウカラが豪快に水浴び中でした。
ちょっと待っていると?
画像

スズメもやって来ましたが…。
未遂で終わってしまいまいました
要は、こちらの存在が何故かバレちゃったんですけどね
上手く行く予定だったのに…。

この後、暫く被写体不足が続きまして…。
ぼちぼち帰ろうと思った矢先の事だった。
画像

目の前にアカゲラが留ってくれました
ただこんなにあっさり…と思ったら、お若い仔だった

見晴公園を離れ…。
遅目の昼食を頂戴しに両親の実家へ…。
どうせ暑いから床に転がっているだろう?と思っていたら…。
画像

ウチのお嬢ちゃん
押し入れに収納されているアイロン台の上に引き籠っておりました
あぁ…そう言えば、ウチの両親のアジトは湿気が多い方なんで夏場はちょっとキツいんだっけ?
とちょっと思った。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥見納め挨拶&前記事の続きでございます。 へなちょこ鳥見男の戯言。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる